高血圧で悩んでいる人が多いようです。
私の周りでも、若いのに薬を飲んでい人もいます。
高血圧は生活習慣病だといわれています。

生活習慣病は、食生活と大きく関わりがあります。
それで高血圧には野菜を食べることが良いといわれています。
どういう野菜が高血圧に良いのでしょうか。

①玉ねぎ

玉ねぎは、健康に良いと聞いたことがありませんか。
効能としては、血をサラサラにする作用、血管を広げる作用があるようです。
タマネギでは、血液の流れが良くなるそうです。

結果、血圧が下がりやすくなるというものですね。
また、血圧だけ下がるのではないようです。
なんと、血糖値も下がりやすくなるといいます。

②トマト

トマトは美味しいですね。
ただ、どんなトマトでもいいということではありません。
高血圧に良いのは赤いトマトだといいます。

トマトにはカリウムが豊富に含まれています。
そのため、余分な塩分を排出できるようです。
塩分は高血圧になる原因の1つですね。

血圧を下げるためには、その塩分が排出されることと関係があります。
トマトにはビタミンCも豊富です。
それで、血をサラサラにする効果があります。

③ニラ

血管を広げる作用がニラにはある野菜のようです。
動脈に圧がかかり、血管が傷ついてしまうのが高血圧です。
高血圧になると、血液が流れにくくなってしまいます。

しかし、ニラの作用で血管を広げることができればいいですね。
スムーズに流れにくくなっていた血液が流れるようになれば、
血圧が下がっていくことになります。

以上、タマネギ、トマト、ニラ等は、高血圧に良い野菜なんですね。
高血圧にいい野菜は、この他にもあります。
緑黄色野菜はオススメでしっかり野菜をとりましょう。
安定した血圧を取り戻してください。

健康

深い関係が糖尿病は高血圧にはあります。
糖尿病患者の半数以上が高血圧であるともいわれています。
なぜ糖尿病だと高血圧になるのでしょうか。

まず、キーワードは血糖値ですね。
血糖値の高さが問題になります。
糖尿病の人は血糖値が高いですね。

そうなると、細胞の浸透圧が高くなります。
細胞の浸透圧が高いと血液量が増えていきます。
結果、血圧が上がってしまいますね。

それで高血圧になっていくのです。
それに、糖尿病の人の多くは「肥満」です。
これも、高血圧になりやすい原因ですね。

肥満の場合、高血圧になる可能性が高いです。
それは、アドレナリンやノルアドレナリンといった
血圧を上昇させるホルモンの分泌が多いからです。

そのため、高血圧になる可能性が高くなるわけです。
あの怖い、動脈硬化は
高血圧になるとなりやすくなります。

とても注意しなければありません。
動脈硬化が怖いのは、心筋梗塞や脳梗塞、狭心症といった、
危険な病気に発展するリスクがたかいからです。

血糖値が高い→糖尿病→高血圧→動脈硬化→心筋梗塞、脳梗塞、狭心症
という流れをしっかりと頭に入れたいものです。
血糖値を高くしない食生活にしていく必要があります。

健康