近頃、その逆流性食道炎の症状を訴える人が多くなりました。
逆流性食道炎という名前も随分知られるようになりました。
逆流性食道炎のことを「逆食」ともいいますね。

それ以前にもそういう症状や病気がなかったということではありません。
昔からよく言われていた「胸焼け」とか「胃もたれ」、「胃酸過多」と
呼ばれる症状の中には、逆流性食道炎も含まれていたと思いますね。

食道に逆流した胃酸や十二指腸液によって、
食道の壁が強い酸による刺激で炎症を起こす症状のことを逆食といいます。
ですから、食道より上の胸のあたりに不快感を感じます。

ひどい場合には、口の方まで逆流することもあります。
テレビコマーシャルでもお馴染みになりました。
脂っこい物をたくさん食べたり、飲酒など、

食生活が大きく逆流性食道炎の原因に関わっています。
本来は胃液などが逆流しないような体の構造になっています。
特に暴飲暴食はいけません。

逆流性食道炎は、逆流を防ぐ機能が正常に働かないために起きてしまいます。
「脂肪分の多い食事」、「暴飲暴食」、「アルコール」「香辛料などの
刺激物」などは逆食を招く食生活ですね。

日本人の逆食患者を増やしたのは、
食生活の欧米化だとも言われています。

 

健康