ラジオ英会話
将来、役に立つから英会話を習得しよう、という考えでは、
なかなか英会話を身につけることができないようです。

英会話は目的がないと上達しないといわれていますね。
英会話を習得して何をする、という目的がないと難しいようです。
基本的に目的を持ってい内人は上達が遅いようです。

逆に、上達の早い人はみなさん明確な目的を持っていますね。
「こういったことがしたいから英会話が上手くなりたい」
というのが目的になります。

このような人はモチベーションが高いですね。
例えば、「外国人の友達を作りたい」
「仕事でどうしても英会話が必要になった」といった明確な
目的を持つことです。

すると、その目的に向かって突き進むことができます。
常に高いモチベーションを維持できます。

一方、なんとなく英会話を勉強している人は上手くなりません。
上手くならないといけない理由がないからです。
勉強のモチベーションを維持することはむつかしくなります。

それは勉強方法にも影響します。
非効率的な学習になってしまうことが多いです。

目的があるかないかで同じ勉強時間でも全く吸収力が違います。
上達スピードが著しく異なります。

これから英会話を勉強しようと思っている人は、
上達の秘訣は目的を持つと言うことになります。

教育

 

幼児教育に対する意識は、日本は早い方だと思います。
特に最近は、幼児教育に対する意識がさらに高まっているようです。
その中でも一番幼児教育・早期教育のメリットがあるといわれているのが英会話ですね。

その英会話の習得に関する、いろいろな幼児教育のメッソドも開発されています。
人間の脳は生後3年までが一番吸収力が高いそうです。
その時期に覚えた事は一生忘れないようです。

三つ子の魂百までも、ということわざが日本には昔からありますね。
誰でも聞いたことがあることわざですね。
この諺は科学的にも証明されているそうですよ。

言語をつかさどる分野に関して、3歳までならほとんど無理なく身につける事ができるそうです。
それは、赤ん坊の成長を見ていてもわかります。
自然に、生後10ヶ月程度から言葉を覚えていますね。

発音や聞き取りをマスターするこてゃ、大人になってからは、難しいようです。
年齢が進むほど、その困難さは高くなっているようです。
ですから、他言語はできるだけ早い時期から覚える方がいいということになります。

英会話の必要性が昔かもありました。
しかし、今では。小学校5年生から週に1時間の英語の授業が始まりました。
そこから英会話を始めたのでは、苦手意識を持っている人は多くなるのではないでしょうか。

親御さんは自分の子供が心配です。
これからの時代は、英語が仕事の中でも必要になってきます。
今はそうでもありませんが、今の子供たちが大人になるころには、そうなります。

実際、3歳くらいまでに始める事で、苦労なく英会話が身に付くなら、
幼児のころから英会話を習わせたいと思います。

教育