ピアノを弾いている人をみるとあこがれてしまいます。
自分でひけたらいいなー、と思うことも、何度かあります。
私のように独学でピアノをマスターしようと考えている人も多いでしょうね。

ピアノを独学で学ぶことは可能なのでしょうか?
年齢を重ねると、難しいのでしょうか。
そうでもないようですね。
ピアノ
学ぶ時のコツというものがあります。
ギターやベースなどは独学で覚えるイメージも強いですね。
ピアノは子供の頃から習っている人も少なくないでしょう。

やはり独学で学ぶことは難しいようですね。
また、ピアノを独学で学ぶためには、
自分自身でしっかり計画や目標を立てなければなりません。

日々努力が必要ですね。
なんといっても、ピアノを始めるにあたっては、基礎が必要です。
それなしには上達は難しいですね。
その基礎をコツコツと継続して練習していくことです。

まずは、指回しの運動からです。
楽譜の運指番号をしっかりと練習するようにしましょう。
手首の動かし方や、鍵盤の叩き方、指運びについても練習しましょう。

これらがマスターできていないと、上達も難しいですね。
次に、楽譜が読めることが必要です。
ピアノを弾く上での基本のひとつに楽譜が読めることです。

独学のための教材は多いですね。
そういった教材を利用するのもいいでしょう。
子供向けのピアノ教本も役に立つでしょう。

教材は自分に合ったものを見つけることが大切です。
そこから、少しずつステップアップしていけば良いでしょうね。
そして、難しい曲に挑戦することは、最初はやめておきましょう。
初心者向けの簡単な曲からスタートです。

また、知っている曲の方が、曲のリズムが分かりますね。
練習も毎日の継続が大事です。
少しでも時間が空いたら、練習です。
間が開いてしまうと、上達するのに時間がかかりますから・・・。

生活

司法書士試験は軽い気持ちで受験しても歯が立つものではありませんね。
資格は身を助ける、将来役に立つ資格だからという
軽い気持ちでは合格できないでしょうね。
覚悟を決めなければなりませんね。

司法書士試験の合格率

この10年の間に司法書士試験の出願者数は
約1.25倍になっています。
合格者数は1.62倍だといいます。

法務省は法曹人口の増加の方針を打ち出していますね。
その影響があるのでしょう。
合格率も約30年前の頃は1%台後半で推移していました。
それが、近年では合格率が2.8%前後にあります。

司法書士試験は過去の合格率からみても
簡単に合格できるような国家試験ではありませんね。

独学で司法書士試験に合格

確かに難しい試験ですが、独学の勉強だけで
司法書士試験に合格できた人もいます。
誰にでもできるかというと、それは難しいでしょうね。

司法書士試験は、試験範囲が広すぎます。
多岐に渡っていますね。
合格に必要となる知識もかなり深いものが要求されます。

独学で勉強するときには、その勉強方法と
何を勉強するかで合格は決まるでしょうね。
司法書士試験に合格した人はどのように勉強したのでしょうか。

どのような参考書を使ったのでしょうか。
時間の管理はどのようにしたのでしょうか。
どれだけ勉強すれば司法書士試験に合格できるのでしょうか。

まずは質問の答えを探さなければなりません。
そうでなければ、独学の受験はおすすめできません。
独学で司法書士試験合格を目指すのなら、
絶対に合格するという強い意志が必要です。

また効率よく勉強をするための計画性とが必要です。
何よりも司法書士試験合格を勝ち取るという
モチベーションを保ち続ける意志力も必要です。

教育