福島の原発の事故以来、放射性物質とか放射能とかの
科学用語を良くきくようになりました。
放射性物質は危険であると、習いましたね。

それは、多くの人が知っていることです。
しかし、放射性物質がなぜ危険なのかは説明できる人は少ないでしょう。

放射能とは
原子核が崩壊して放射線を出す能力の事を放射能といいます。
放射能の単位はベクレルですね。

1ベクレルは1秒間に1個の原子核が崩壊しています。
そして、この放射能を持つ物質が「放射性物質」といいます。
代表的なものにウランやプルトニウムがあります。

それらは、核燃料物質ですね。
放射性物質は極めて不安定です。
その為、一定の確率で原子核崩壊を起こしています。

そこから放射線が放出されます。
α粒子、β粒子、γ線がこの時に放出されていますね。
放射線は危険です。

それは人体がこのような放射線を浴びる事で、DNAの鎖が破壊されたり、
2本の鎖をつなぐ塩基が壊されたりするからです。
これが放射線被曝です。

放射線被曝する事によって起こる人体への悪影響が、
放射線障害ということになります。

放射線障害には、
○数週間後ぐらいまでに出る急性放射線障害
目の水晶体混濁、白血球減少、やけどや内臓などからの出血、痙攣、脱毛、
永久不妊などの障害が現れてきます。

さらに多量の放射線を浴びた場合には、死亡する事もありえます。

○数年、あるいは、数十年後に出る慢性放射線障害

白内障、癌や白血病、胎児の障害、遺伝障害などがあります。
ただ、これは将来発症する可能性が放射線を浴びた人が、高いと言うことです。
何十年後にこれらの症状を発病しても、
放射線との因果関係を証明する事は難しいと言えます。

 

科学

放射性物質がウォーターサーバーの水の中に入っていることはないのでしょう?
震災などの影響で、放射性物質影響がいろいろいわれています。
ですから、飲み水にも放射性物質が検出される心配をしている人も多いでしょうね。

放射性物質は空気中を浮遊しています。
それによる外部被爆は怖いものですね。
それ以上に内部被爆は恐ろしいようです。

つまり、放射性物質が食品や飲み物などに含まれていて、
それを体内に取り込むことで被爆するというのです。
ニュースでは、水道水から放射性物質が検出されたなどと
報道されrたこともあります。

飲み水の安全性に細心の注意を払いたいものですね。
本当にウォーターサーバーの水は大丈夫なのでしょうか。
放射性物質が微量であっても混入していると疑っている人も多いでしょう。

ウォーターサーバーの業者によってもちがいがあります。
それは、ウォーターサーバーの水が水道水をろ過したものであったり、
天然水であったりするようです。

何十年・何百年とかけて自然のフィルターでろ過されるのが天然水です。
ですから、放射性物質の影響が出るまでには、
やはり何十年・何百年という年月がかかることになります。

つまり、天然水には、直接人体に影響を与えるような
放射性物質が含まれているとは考えと思います。
また、原水が水道水であるウォーターサーバーの水があります。

強力なフィルターを使ってろ過しているので、
非常に厳しい安全基準をクリアしているようです。
放射性物質が通り抜けるのは難しい放射性物質よりも
細かいフィルターを使用しています。

放射性物質検査を行っているウォーターサーバー業者もあります。
そういう業者の水は大丈夫ですね。

生活