動脈硬化予防を意識することは、健康のためにはとても大切なことです。
動脈硬化になってしまうと、かなり危険な状態ですからね。

動脈硬化の予防

それでは動脈硬化予防はどのようにすればよいのでしょうか。
まず、食生活の見直しをしていきたいですね。
食べたもので体ができています。

健康にに悪い食べもは避けるた方がよいです。
動脈硬化予防に効果がある食べ物には、緑黄色野菜があります。
そもそも、動脈硬化の原因はコレステロールの過剰摂取にあるようです。

緑黄色野菜はコレステロールの吸収をコントロールできます。
なので緑黄色野菜を食べれば動脈硬化の予防になるというわけです。
血液をサラサラにする効果が緑黄色野菜にはあるようです。
できるだけ、多くの野菜を食べましょう。

動脈硬化予防に効果がある野菜

○小松菜

小松菜の緑の部分には葉緑素がたっぷりです。
動脈硬化の予防では血管に付着したコレステロールを取り除く必要があります。
葉緑素は善玉コレステロール(HDLコレステロール)を増やしてくれます。
コレステロールの量を減らす効果もあるようです。

○さやいんげん

さやいんげんは、血管を傷つける物質を除去する働きがあります。
さやいんげんは、血管のケアをするためにも積極的に食べていきたいですね。

○ニンジン

緑黄色野菜の中でも特にニンジンには、悪玉コレステロールを分解する作用があるろいうことです。

○ブロッコリー

動脈硬化の予防には欠かせない野菜としてブロッコリーがあります。

ブロッコリーは悪玉コレステロールを分解してくれます。
それが血栓を防ぐ効果になるのですね。

これらの野菜は、調理法を工夫することも必要です。
調理法によっては、効果を最大限に引き出せるそうです。

動脈硬化予防に良い食品

○豆腐などの大豆製品

緑黄色野菜の他にも、動脈硬化予防につがる食べ物があります。
それは、豆腐などの大豆製品ですね。
大豆製品には血中コレステロールの値を下げる働きがあります。

また、腸内で余分な脂肪を排出する働きもあります。
大豆製品は、動脈硬化の予防が期待できると食材ですね。
豆腐などの大豆製品は良質な植物性のタンパク質です。

ですから、安心して食べるることができます。
動脈硬化の予防には、欠かせない食材として緑黄色野菜や豆腐などの大豆製品です。
日頃からの食生活の中にたくさん取り入れていきたいものですね。

健康

心筋梗塞は怖いですね。
死亡率も高く、後遺症の割合も多いようです。
えきるなら心筋梗塞を予防したいものです。

そのためには、どうすれば良いのでしょうか。
何に気をつけたら良いのでしょうか?
動脈硬化になるということが心筋梗塞のリスクが高くなるようです。

ですから、まず、動脈硬化を予防しなければなりません。
それが、心筋梗塞を予防することになりますから・・。
では、動脈硬化を予防するためにはどうすれば良いのでしょうか。

食生活を見直します

過度の糖分・塩分・脂肪分は避けたいものです。
和食中心の食事にします。
食物繊維やミネラルの多い食材を積極的に食べましょう。

○喫煙します

タバコはニコチンや一酸化炭素を多く摂ることになりますね。
それが血管に対しても大きな影響を与えます。
禁煙は心筋梗塞予防の第一歩になります。

○定期的に健康診断を受ける

高血圧や糖尿病、高脂血症にかかっていないかチェックします。
もし、血圧や血糖値、コレステロール値などで引っかかれば、
すぐに治療を始めましょう。

心筋梗塞を極力予防するためにも定期的に
健康診断を受けることが必要です。

○暴飲暴食も控える
○アルコールを飲み過ぎない
○適度な運動も取り入れ、規則正しい生活を送る
○過度なストレスを避ける
○睡眠不足にならないようにする

全くストレスを日常生活で感じないということはふかのうですね。
適度に休息をとりましょう。
ストレスを発散していくことが大事になります。
健康的な生活を送ることが一番大事です。

健康