プチ断食について、よく見聞きするようにもなりました。
一日何も食べないのなら、すぐにでもできそうな気がします。

「プチ」断食とはいえ、
断食中は一切食事をとらないことになっていますね。
そうなると、エネルギー不足になることもあるかもしれません。

ふだんの生活と両立するのは難しいいのでしょうか。
プチ断食で今流行しているものがあります。
それは、、週末を利用プチ断食です。

プチ断食

 

 

 

 

プチ断食は、準備である
減食日・断食当日・回復日の三日間で行えますね。
金曜日からプチ断食をすれば月曜日には、
普通の食事にもどることができます。

〇減食日です
食事の量は、朝食はいつも通り。
昼食は腹八分程度にします。
夕食は普段の半分くらいの量に抑えます。

この日は断酒です。
水分を多めに摂ることだ大事です。
夕食は寝る3時間前までにすませましょう。

断食当日は一切食事は摂りませんん。
もちろん激しい運動をしてはいけません。
のんびりと過ごすことです。

水だけは口に入れて良いでしょう。
どうしても辛い時には、酵素や野菜ジュース等を
飲むようにしましょう。

〇回復日です。
この日の朝食と昼食はおかゆだけです。
それをゆっくりと食べるようにします。

夕食は普段の食事に戻しても良いでしょう。
消化にいいものにして量は控えめにすることがポイントです。

 

 

プチ断食は手軽に行える断食です。
プチ断食関連の書籍も多く出ています。
このブログの記事を読むだけで、すぐにはじめることができます。

プチ断食ってどんなダイエット法なんでしょうか。
少しの間だけ固形物を食べないでおきます。
そして、水だけで過ごすというダイエット法になります。

いろいろプチ断食のやり方があります。

○1日だけ何も食べない
○半日だけ何も食べない
○1食だけ抜く

といったやり方があります。
しかし、脱水症状を起こす可能性があるので、水は必ず飲むことになります。
もし、空腹に耐えられなければ、無糖の野菜ジュースを飲んでもよいことになっています。

プチ断食は胃腸を休ませることができます。
つまり、固形物を口にしなければ、消化活動もしなくて良いので、
プチ断食の時間だけ胃腸も休めるというものです。

胃腸の本来の機能を取り戻すことが、胃腸を休ませることでできます。
そうなれば、新陳代謝が活発になります。
また、新陳代謝の効果で溜まっている老廃物や便等を排出することができます。
さらに、ダイエット効果がでてくるのですね。

プチ断食の注意点

プチ断食の注意があります。

①プチ断食を終えた後の食事に気をつけましょう。

 胃腸に負担がかからないようにしたいです。
 そのためには、お粥などの回復食が良いと思います。
 プチ断食後は、お腹が空いています。
 それで、普通の食事を大量に食べ無いようにしたいものです。
 プチ断食の効果がなくなる可能性も出てきます。

②プチ断食中は、アルコールを飲まないようにしましょう。