多くの人が不安障害で苦しんでいます。
その不安障害の克服法もいろいろ考えられています。
一般的な治療法として行われているもの
○自立訓練法
○森田療法
○認知行動療法
○自己催眠法
○不安障害克服マニュアル
○マインドサポートプログラムなどものから、

カウンセラーやセラピストなどが独自に開発したものがあります。
人によって効果のある治療法もちがってきますね。
効果的な治療法は、やってみなければわからないからですね。

ですから、薬物療法や伝統的な精神療法では、
不安障害を克服できないと感じたら、
すぐに効果があると宣伝している克服法のマニュアルや
マインドサポートプログラムなどを試してみましょう。

本当に即効で治る可能性のある治療法もあるでしょう。
ただ、返金保証がついているものを治らない場合のことも考えて、
試してみるとよいでしょう。

自分と同じような症状を患った人が、どうやって克服したのか、
体験談を読んでみることも参考になります。
自分も克服してやるという意欲が出てくるかもしれませんね。

最近では、意外な有名人の告白も多いですね。
中川家の剛さんや長島一茂さんなどがパニック障害ということでした。
デビッド・ベッカムさんは強迫性障害だといいます。

そういう影響があって精神疾患に対するイメージも少し変化してきていますね。
しかし、まだなかなか周囲の人の理解や共感が得られにくいようです。
、精神科や心療内科などを受診することに恥ずかしさを感じる人も多くいます。

不安障害を克服するためには、どんな些細な方法でも実行したいものです。
今の自分にできる範囲でいいのです。
その一歩を踏み出すことが大事なのです。

健康

パニック障害が起こる原因

パニック障害で悩んでいる方がも多いようですね。
パニック障害が起こる原因は何でしょうか。
それについて、考えて見たいと思います。

パニック障害とは、パニックを起こしてしまう病気です。
なんとなく病名からも想像できますね。
動悸や息苦しさ、冷や汗や頻脈などの症状がありますね。

その症状が非常に激しく、もう死ぬのではないかと
パニック障害の方は恐怖を感じてしまうようです。
そういった恐怖を味わってしまうと、
次に起こることを考えただけでも恐怖を感じてしまいます。

では、なぜ,そういった症状が出てくるのでしょうか。
脳の神経伝達物質の機能異常ということがまず、考えられますね。
これにより、ちょっとしたことに対し、過敏に反応してしまうと言われています。

パニック障害に大きく関与していると考えられているホルモンもあります。

○ノルアドレナリン
○セロトニン
のホルモンのバランスも、影響しているようです。

それでは、性格的な問題とはパニック障害は、関係ないのでしょうか?
うつ病やその他の心身症では、精神的なストレスが大きな要因のようです。
それに対して,ストレスが主な原因であるとはパニック障害は、思われていないようです。

パニック障害を起こしやすい性格

しかし、パニック障害を起こしやすい性格というのはあるようですね。

○何事に関しても不安を感じやすい性格の人
○几帳面であったり、神経質である人
○人の目を気にしすぎるような人
等はパニック障害を起こしやすいようです。

その他にも
○過労や不規則な生活
○生活環境の著しい変化
○カフェインの多量摂取
等もパニック障害を引き起こすようです。

芸能人でパニック障害

最近、テレビでも自分のパニック障害のことを告白している
芸能人も多いですね。
例えば、IKKO、高木美保、森昌子、島田紳助、堂本剛、高島忠夫
中川家剛、長嶋一茂、草間弥生さん等が有名ですね。

健康