筋トレでは筋肉痛がつきものですね。
それで悩んでいる人も多いでしょう。
トレーニングによる筋肉痛の原因は、筋肉繊維がダメージを受けるためです。

筋肉は,損傷が治っていく時により強靭に生まれ変わっていくようです。
筋トレにおいては,筋肉痛とも上手く付き合っていくことが大切です。
筋肉量が格段にアップするためには,

筋肉を適度に休ませて回復させ、筋肉増強を図る「筋肉の超回復」を起こせば良いです。
筋肉の超回復を起こさせるには,どうすれば良いのでしょうか。
それには筋肉には軽い負荷では足りません。

筋肉痛が起こる程度の筋トレをこなす必要があります。
体を鍛えていくことを継続していくと徐々に重い負荷でも耐えられるようになります。
体力が付いていくんですね。

しかし、そのままトレーニング内容を変えずにいると筋肉量は
キープされるばかりで増加することはないです。
更にたくましいボディにするには段階的に負荷を増やしていかねばならないでしょう。

筋肉痛が起こるレベルが上がっていきますね。
例えば、普段腕立て伏せを30回2セットを行っているとします。
それを35回2セットや40回2セットなどにしてみましょう。

これ以上出来ないという限界まですることで筋肉は疲労していきます。
それで痛みを感じるはずです。
また、腕を曲げた状態をキープするのはとてもエネルギーを消費します。

そこで、腕の曲げ伸ばしなどの際に体勢を保つ時間を少し増やしてみましょう。
なお、筋肉痛から筋肉の超回復を期待するなら、
怪我防止のためにストレッチも必ず実施しましょう。

激しい筋肉痛がある場合は、筋トレを一旦休んだ方が良いとされています。
筋力アップのためには,少し痛むぐらいなら行っても問題はないということです。

座骨神経痛になると日常生活に厳しいものがありますね。
そんな座骨神経痛にはストレッチに効果があるといわれています。
原因は人それぞれあるようです。

○長時間同じ姿勢でデスクワークをしているなどが原因
○運動不足が原因

等で腰回りに負担がかかっている人が多くいます。
そういう人たちが坐骨神経痛になりやすいようです。
座骨神経痛の初期症状ならストレッチはとても有効ですね。

改善させることも可能だといいます。
普段の生活でも筋肉が疲れていて腰が痛み、
動きにくくなることは良くあります。

日常茶飯事ですね。
腰のまわりの筋肉をほぐしながらストレッチをしましょう。
そうすると筋肉が硬く凝縮してしまっている場合には

筋肉がほぐれていきますね。
それが坐骨神経痛の緩和につながります。
坐骨神経痛になりやすい人は自分の原因を知りましょう。

○デスクワークが原因であるという人のストレッチ

座ったままで前屈をしながら足の筋肉やお尻の筋肉をゆっくりと伸ばしていきます。
このようにストレッチすると坐骨神経痛の予防にもなります。
坐骨神経痛のストレッチは気がついたときに実践です。

無理をしないで適度に軽い運動だと思って続けてみましょう。
他にも朝起きた時に筋肉を動かしていきます。
ねながらのストレッチは坐骨神経痛の予防になります。

激しい運動は好ましくないです。
軽いストレッチを朝起きて、毎日続けましょう。
軽いストレッチからスタートし、無理をしません。

座骨神経痛の予防にもなるし、
軽い症状の場合は、治療効果もでてきます。
いろいろな座骨神経痛のストレッチがあります。

自分に合うストレッチを探してみることもオススメします。

健康