放射性物質がウォーターサーバーの水の中に入っていることはないのでしょう?
震災などの影響で、放射性物質影響がいろいろいわれています。
ですから、飲み水にも放射性物質が検出される心配をしている人も多いでしょうね。

放射性物質は空気中を浮遊しています。
それによる外部被爆は怖いものですね。
それ以上に内部被爆は恐ろしいようです。

つまり、放射性物質が食品や飲み物などに含まれていて、
それを体内に取り込むことで被爆するというのです。
ニュースでは、水道水から放射性物質が検出されたなどと
報道されrたこともあります。

飲み水の安全性に細心の注意を払いたいものですね。
本当にウォーターサーバーの水は大丈夫なのでしょうか。
放射性物質が微量であっても混入していると疑っている人も多いでしょう。

ウォーターサーバーの業者によってもちがいがあります。
それは、ウォーターサーバーの水が水道水をろ過したものであったり、
天然水であったりするようです。

何十年・何百年とかけて自然のフィルターでろ過されるのが天然水です。
ですから、放射性物質の影響が出るまでには、
やはり何十年・何百年という年月がかかることになります。

つまり、天然水には、直接人体に影響を与えるような
放射性物質が含まれているとは考えと思います。
また、原水が水道水であるウォーターサーバーの水があります。

強力なフィルターを使ってろ過しているので、
非常に厳しい安全基準をクリアしているようです。
放射性物質が通り抜けるのは難しい放射性物質よりも
細かいフィルターを使用しています。

放射性物質検査を行っているウォーターサーバー業者もあります。
そういう業者の水は大丈夫ですね。

生活

最近では、ウォーターサーバー設置しているところが多くなりましたね。
公共施設や美容室や会社、医療機関等様々な所に設置されています。
最近では、自宅に置いている方も増加しています。

ウォーターサーバーの水は、いつでも冷たい水や
温かいお湯が出てくるので便利です。
いつでも飲めますね。

赤ちゃんや乳幼児にウォーターサーバーの水を飲ませて
大丈夫なのでしょうか。
疑問に思う人も多いでしょうね。

ウォーターサーバーの水は、雑菌やウイルスなどが入らないといいます。
品質の管理もしっかりして、水道水よりもずっと衛生的で安全だといいます。
ただ、赤ちゃんは内臓機能などがまだ十分に発達していませんね。

それで、硬水のようなミネラル分を多く含んでいる水だと
下痢を起こす可能性があります。
ですから、ミネラル分の少ない軟水が良いですね。

それなら、赤ちゃんにも安心できますね。
赤ちゃんや乳幼児でも飲めますと明記している
ウォーターサーバーもあります。

ウォーターサーバーの種類

ウォーターサーバーの会社は多くあります。
その中でも有名なところを紹介しますね。

○スマイルベビー水
○フレシャス
○オーケンウォーター
○プレミアムフジ
○アクアクララ
○アルピナウォーター
○BLUEウォーター
○コスモウォーター
○アクアセレクト
○クリクラ
○クリティア
○らでぃっしゅエコ・ウォーター
等があります。

上記の会社のホームページ等を調べると
さらに詳しく内容を知ることができます。
水の成分表がウォーターサーバーついて掲載されています。

軟水か硬水かの判断はすぐにわかります。
しっかりと確認しておきましょう。

生活