あがり症と赤面症は、おなじものと思っていました。
ところが、違いがありますね。
関係性が強いことは確かなようです。

あがり症とは、失敗を必要以上に恐れます。
人前で発言する際に、異常なほどの緊張を起こしてしまいます。
あがり症は、自分で自分を追い込んでしまうのが

原因で起こる症状のようです。
緊張すると一気に血が上り、
顔が真っ赤になってしまうのが赤面症ですね。

人前で発言する時だけでなく、
その状況を空想するだけでも症状がでることがあります。
赤面賞も自分の思い込みから自身を

追い込んでしまう事が原因のようです。
誰にでも起こる症状なのがあがり症と赤面症です。
人前で発言するのは、誰だって緊張しますね。

緊張すれば顔が赤くなったりもします。
人によってその度合いは違いがあります。
どちらも、病気とまではいえないようですね。

あがり症と赤面症は治療法こそ違えど、
顔が赤くなる時は緊張している時ですね。
なので、あがるのと同じようなものとして扱われているかもしれませんね。

もちろん、あがり症・赤面症どちらも、克服可能です。
あがらなくなれば顔が赤くはなりませんからね。
ですから、両方にお悩みの方は、同時に治す事も可能となります。

どちらも、物事の捉え方の偏った部分が原因です。
そこを中心とした改善、つまり、
精神面のトレーニング的な治療が望ましいと思います。

健康