いま、子どもから大人まで一眼レフカメラをもつ時代になりましたね。
一眼レフカメラとは、どのようなカメラをいうのでしょうか。

単一のレンズを用いて、実際に撮影されるイメージをファインダーで
確認することができるカメラのことをいいます。
一眼レフの「レフ」というのはドイツ語でレフレックスといいます。

つまり、反射という意味になります。
デジタル一眼レフカメラは、本体に内蔵された鏡の反射を利用していますね。
そのため、ファインダーからのぞく被写体があり、
それがレンズに映る被写体とほぼ同じものになります。

デジタル一眼レフカメラは見たままの画像を撮影したいときには
適しているようです。
デジタルカメラの特徴にフィルムを使用しないことがあります。

デジタルカメラは撮ったその場で、画像の確認が背面モニターからできます。
画像が必要なければどんどん削除できます。
無駄をはぶくことができます。

ですから、失敗を恐れずにどんどん撮影できますね。
また、現像と焼き付けがいらないので.その分のコストの削減にもなります。
画像データはパソコンなどに劣化しないままで保存できます。

撮影した画像をパソコンに取り込んで、文字を入れたり、
色味を調整したりと編集加工ができます。
これは大きな特徴ですね。

画像の編集ソフトも無料で手に入れることも出来ます。
また、プリンターできれいにプリントもできますね。
大きく引き伸ばしてプリントしたり、
人にプレゼントするきにも自由自在にできます。

一眼レフデジタルカメラは、
操作性や画質で優れている点が最大の特徴ですね。
レンズは取り外し式で自由に交換できます。

撮影目的に応じて多くの種類の中から選べるのも特徴の1つです。
基本的にレンズは別売ですね。
低価格モデルの多くはズームレンズが付属するセットモデルを用意しています。
パッケージを買ったらすぐに使い始められるのも特徴ですね。

生活

 

パター練習はどこでもできますね。
よく映画やテレビで、部屋の中でパター練習をしている
映像をみたこともありますね。

自宅にパターセットを持っている人は案外多いと思います。
パターはそのように何処でも練習することができますね。
パターゴルフというゲームもありますね。

比較的習得が簡単なショットと言えるでしょう。
しかし、実際にはなかなかパターは難しいと思います。
パターが決まるかどうかで成績が決まるという最後のショットですからね。

どうしても緊張してしまいます。
また、現実には練習セットと違います。
それぞれのグリーンが持つ独自の芝の向きがあります。

また風の向きや強さなどが影響します。
様々な要因が絡んできますね。
パターの場合、打ち上げるショットと違います。

転がすショットになります。
特に芝の状態によって全く方向や距離が変わっていきます。
パターのコツは、手首を動かさないように打つことがポイントとですね。
パターのコツは、力加減で調整するのではなく、振り幅で調整していきます。
ですから、手首が動いてしまうと、
打ちたいと思っている距離の調整が難しくなるでしょうね。

さらにパターのコツに、肩で打つことがあります。
肩を中心とした振り子のような要領といえば良いでしょうか。
このように、手で打たずに肩で打っていきます。

そのために、グリップの握り方を変えると打ちやすくなりますね。
具体的には、利き腕でない方の人差し指を外に出して打ちます。

こうすることによって、利き腕が動かしづらくなります。
それで手を動さずに肩で打つことができるようになりますね。