ホームレスは、増えているのでしょうか。
生活保護を受けられるのでしょうか。

ホームレスは、生活保護の条件を満たしている部分が多いのですね。
ですから、誰でも受けられると思われますね。
ところが、実際はホームレスだと生活保護を受けることが厳しいようです。

確かに、財産や資産はホームレスの場合はありません。
頼れる家族や親類もいないと思います。
また、生活が既に困窮している状態なのですね。

ですから、生活保護をすぐにでも受けられるような気がします。
ただ、ある問題がホームレスにはあります。
それは住居の問題です。

ホームレスの場合、住居が定まっていないですね。
それで、生活保護法を適用できないというのです。
決まった居住地があれば受けることができるようなんですね。

公園や車内というのは居住地として認められないのです。
したがって、生活保護を受けることができません。
そのため、ホームレスの人たちはなかなか今の生活から抜け出でません。

ホームレスの人が生活保護を受けるには、
まず自立支援センターなどに入りましょう。
ホームレスという状況から抜け出さなければならないのです。

そこで生活することができるようにしましょう。
そうすれば、生活保護を受けることができる可能性が高くなります。

生活

上手に話さないといけないという気持ちが強いと
人前であがってしまって上手に話せなくなりますね。
日本人は、失敗を極度に嫌う傾向が強いようです。

それであがり症になりやすいようです。
人からどうみられているかを非常に気にする人がに多いのが特徴です。
この性格が、緊張を大きくさせます。

それがあがり症を生みだします。
笑われたくない、馬鹿にされないようにしなくてはという思いが強いと、
自分の力量以上のものをだそうとしますね。

見栄っぱりが多いのも日本人の特徴です。
ですが、背伸びをどんなにしても、できる事には限りがあります。
この矛盾から、さらなる焦りが生まれていきます。

その焦りが緊張へと繋がっていくのです。
日本人は、無意識に恥をさらすのはいけない事だと、思い込んでいるようです。
防衛本能が強いので弱味を簡単にみせない国民性が強いですね。

これは悪い事ではありませんね。
「人の目を一切気にせず、我が道をゆく」そんな方もいますね。
もちろん、日本人でもあがり症になりにくい性格の方はたくさんいます。

典型的な日本人気質の方は、あがり症にはなりやすいかもしれませんね。
人の気持ちにまで配慮できる方が多い日本は、とても素晴らしい国といえるでしょう。
日本人はダメだ。

日本人だからあがりやすい。
なんてネガティブ思考は避けましょう。
あがり症改善には、日本人の国民性に誇りを持ち自信が必要ですね。

生活