失業保険をもらえるのは条件の違いによって同じではにようです。
退職理由が「会社都合」か「自己都合」かで失業保険をもらえる
給付条件が大きく変わるようです。

○会社都合

会社都合なら、三ヶ月の給付制限期間がありません。
給付期間が長くなります。
給付期間が長ければ、それだけもらえる金額も増えることになりますね。

人によっては会社都合の場合と自己都合の場合で100万円近い差が生じるようです。
できるだけ、会社都合で退職した方が得なんですね。
では、どうしてみんな自己都合で退職するのでしょうか。

それは、会社側に辞表を書くようにいわれるようなんですね。
辞表を書いてしまうと、自己都合退職になってしまいますね。
ですkら、いくら会社にいわれても自分の意思で辞めるのでなければ、
辞表を書く必要はありません。

もし自分の意思でやめる場合であっても、会社都合と見なされるときもあります。
○パワハラやセクハラ
○いじめ
○採用条件と労働条件の著しい相違
○賃金が継続して二ヶ月以上も支払期日までに三分の一以下しか
支払われなかったとき
○残業手当を除く賃金がそれまでの85%未満になってしまったとき
(予見が困難な場合のみ)等
このような理由の時は会社都合とみなされます。

リストラも当然、会社都合退職になります。
他にも、一見すると自己都合の退職理由のように思われていることでも、
実は、会社都合退職だということがあります。

会社側はなるべく自己都合退職にしたいでしょうね。
会社都合退職にすると、退職金の上乗せでお金がかかります。
雇用に影響が出たりします。

また、行政からの助成金がカットされるなどのマイナス面が考えられます。
でも、そんなのは会社側の都合ですね。
多少のことには屈してはいけません。
もし、退職するなら会社都合退職を勝ち取っていきたいものです。

生活

厳しい時代になっていますね。
リストラも多くなりました。
お金を借りて返したい気持ちがあっても借金の返済が
事実上できないときがありますね。

相談するにはどこの誰に行けばいいのでしょうか。
あちこちから借りていたら
どんな借金であっても、返済は難しくなります。

借金の実体が見えないからですね。
過払い金の存在を最近知ったという人がいます。
民間の支援団体にそういう方は、相談するのも良いでしょう。

ボランティアになっているので、相談の費用を心配する必要はないでしょうね。
最近は、民間の支援団体の取り組みについて新聞などで
報道されるようになりました。

そのためには、返済者がトラブルから抜け出したいと、
本気で思っている必要がありますね。
色々な角度から
借金返済を軌道にのせるために働きかけてくれます。

もし悪徳業者によって追い込まれているような状況だとしますね。
そのときには、警察に相談するのが良い方法だと思います。
取り立ては約束通り返済していないから行われるのものです。

しかし、暴力によって危害を加えることはいけません。
当然違法行為となりますね。
ただ、警察が渋るケースもありますね。民事不介入ということで、
問題にかかわらないのですね。

民事不介入によって、取立ての質によってちがいます。
民事事件として扱うわけにはいかないとされることがケースも多いと言われています。
金融庁が出している指針への違反や、法律違反に該当することもあります。

その場合は、自分を責める必要はありません。
精神的に追い詰められたために通院を余儀なくされたときもあります。
取立てを受けた時の暴力による負傷などをしたときには、
医師から診断書をもらっておきましょう。

悪徳金融業者から借金をするのは深刻なトラブルにつながる可能生が大きいです。
ですから、少しでも関わることがないように気をつけましょう。
借金返済のために借金をするようになってしまったら危険ですね。
この場合は、すぐにでも相談を持ちかけたいものです。

生活