知的財産権というものがあります。
人の知的創造活動によって色々なものが生み出されますね。
例えば、表現、アイディア、技術などです。

これらの無形の財産を保護する為の法令により定められた権利があります。
又は法律上保護される利益に係る権利の事を知的財産権といいます。
「無体財産権」 あるいは「知的所有権」と呼ばれています。

日本においては、著作権法や特許法、知的財産基本法などの法律によって
保護されていることになっています。
日本や世界において法律で定められ、認められている知的財産権には
次ぎのよなものがあります。

芸術活動により生み出されるものを保護する「著作権」

著作権には、著作物を保護する「著作者の権利」があります。
また、音楽の演奏など著作物の実演・レコード・放送・有線放送を保護する
「著作隣接権」があります。

産業に関わる権利である「産業財産権」

○営業上の商標を保護する「商標権」
○産業財産権には、発明を保護する「特許権」
○アイディアなど考案を保護する「実用新案権」
○物品の外見的なデザインを保護する「意匠権」

これらは「知財四権」と呼ばれています。

その他の権利

○新たに品種改良された植物を保護する「育成者権」
○半導体回路配置を保護する「回路配置利用権」
○企業の営業上のノウハウ
○、企業秘密などを保護する「営業秘密権」
等がありますね。

これらについては、時代の流れに従います。
新たに保護する必要が生じたものに対する権利になります。
知的財産は法律で保護されていることになっています。
しかし、無形である為に制約がとても難しいですね。

模倣・無許諾複製など侵害されたケースが後を絶ちませんね。
現状としては厳しいものがあります。
そこで国は国家試験として知的財産管理技能検定制度を実施しています。

「知的財産」を「管理」できる人材は、今の時代需要が多くあります。
知的財産部のような専門セクションのみならず企業内のどのセクションでも
必要とされているからです。

生活

モラルハラスメントという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
モラルハラスメントとは、精神的な暴力、嫌がらせのことをいいます。
言葉や態度によって、巧妙に人の心を傷つける行為のことを指しています。

上司が指導という立場でモラルハラスメントが行われていることがみられます。
本人は、それを自覚していないことが多い様です。
モラルハラスメントを略してモラハラともいいますね。

マリー=フランス・イルゴイエンヌ博士(フランスの精神科医)が
モラルハラスメントという言葉を初めて使ったようです。
マリー=フランス・イルゴイエンヌ博士によると、モラルハラスメントは

○権力を持っている人が、自分より弱い立場にある人に対し、
権力を盾に精神的ないじめ、暴力、嫌がらせをすること。
(パワー・ハラスメントとも言います)

○自己愛の強い性格の人が、精神的ないじめや暴力、嫌がらせを行うこと。
の二つに分かれます。

モラルハラスメントは、一見些細な行為にもみえます。
しかし、その行為が繰り返される継続性ゆえに、被害者の人格や尊厳を傷つけていきます。
時によっては、その精神を破壊してしまい自殺に追いやることもあります。

モラルハラスメントというと、職場で起こるものと考えられがちですね。
しかし、それだけではなく家庭や学校、友人、恋人関係でも起こるようです。
また、異性に対する性的嫌がらせ、いわゆるセクハラといわれているものがあります。

セクハラもモラルハラスメントですね。
モラルハラスメントを定義すると
自分より立場の弱い人に対し、精神的な苦痛を与えて満足するような行為のすべてをいいいます。

これまで、ハラスメント行為は、いじめ等としては認識されづらかったようです。
しかし、モラル・ハラスメントという言葉が定義されたことで、
精神的な暴力として、社会に広く認識されてきました。

これらのハラスメント行為に対して、ヨーロッパを中心とした海外では、
最近、法律もできているようですね。

生活