旅行が好きな人がいますね。
そう言う人は、突然に旅行に行きたくなるそうです。
ただ、旅行にはお金がかかります。

毎回、お金があるとは限りません。
しかし、旅行に行きたいのですね。
そういうときの貧乏旅行の方法があります。

貧乏旅行なのですが旅館・ホテルを
予約する方法あるんですね。
普段、旅行のプランを立てるときには、

ツーリストのパンフや雑誌等を参考にします。
これは、ある意味お金がかかる方法なんです。
旅行業はそもそも、手数料を取っています。

それで収入を上げています。
多くの企業も同じでしょう。
旅館を予約するだけで、

その間に複数の旅行会社が中間にいます。
それぞれで手数料が係ります。
その手数料収入というものは

旅行会社にとって大きな収入源です。
燃しやすく旅行をしようと思うなら、そこに申し込まないで、
自分で予約を取ればいいのですね。

直接旅館を自分で予約をします。
手数料の文安く予約をすることができる、
ということになります。

ですから、旅館やホテルに直接電話をするのが
貧乏旅行の基本です。
1前日や前々日くらいまでの、

ギリギリの予約を敢えてするわけです。
でも、雑誌やパンフレットの番号は、
旅行会社経由になっていることが多いようです。

タウンページや104などで、
直接ホテルや旅館の電話番号を調べましょう。
旅館やホテルは空き室は大きな損失ですね。

空き室にするよりは、少しでも予約を入れたいと思います。
維持費もかかりますから・・。
安くとも旅行者を入れれば、損はしないということです。

前日か前々日に旅館やホテルに電話をすれば良いでしょう。
空き状況にいかんでは旅行会社を通さずに予約が可能になります。
旅館やホテルは毎回キャンセルがでてきます。

とくに学生が休みに旅行する期間は、
キャンセルがでる可能性が高いからですね。

旅行

子どものアトピーは親としてみていられません。
夜中には掻いている子を見ると不憫です。
少しでも子どものアトピーを治すために、

親として何ができるでしょうか。
毎日食べる食事を考えてみます。
体は食べたもので作られますからね。

悪いものを食べたら体の調子もおかしくなります。
子供のアトピーにいいといわれている食事があります。

①温野菜

温野菜は、栄養が豊富です。ビタミンやミネラル、食物繊維などですね。
皮膚細胞の代謝を促す効果もあります。
野菜を子供が食べられるためにも温野菜にして食べさせましょう。

②玄米

玄米には、公害物質の吸収を防いでくれます。
さらにそれを排出する働きもあります。
アトピーを持っている子供にとって、

公害物質は、症状を悪化させてしまいます。
公害物質を排出して症状を悪化させないようにしたいものです。
玄米を主食にするのが良いと思います。

食べやすくて消化もいいので、発芽玄米が良いですね。

③じゃがいも

ビタミンが豊富な野菜ですね。
じゃがいもアレルギーがないのであれば、毎回食べさせましょう。
ビタミンは加熱すると壊れてしまうようですね。

しかし、じゃがいものビタミンはあまり壊れないそうです。
また、じゃがいもには解毒作用もあります。
色んな料理に入れてあげましょう。

健康