福島の原発の事故以来、放射性物質とか放射能とかの
科学用語を良くきくようになりました。
放射性物質は危険であると、習いましたね。

それは、多くの人が知っていることです。
しかし、放射性物質がなぜ危険なのかは説明できる人は少ないでしょう。

放射能とは
原子核が崩壊して放射線を出す能力の事を放射能といいます。
放射能の単位はベクレルですね。

1ベクレルは1秒間に1個の原子核が崩壊しています。
そして、この放射能を持つ物質が「放射性物質」といいます。
代表的なものにウランやプルトニウムがあります。

それらは、核燃料物質ですね。
放射性物質は極めて不安定です。
その為、一定の確率で原子核崩壊を起こしています。

そこから放射線が放出されます。
α粒子、β粒子、γ線がこの時に放出されていますね。
放射線は危険です。

それは人体がこのような放射線を浴びる事で、DNAの鎖が破壊されたり、
2本の鎖をつなぐ塩基が壊されたりするからです。
これが放射線被曝です。

放射線被曝する事によって起こる人体への悪影響が、
放射線障害ということになります。

放射線障害には、
○数週間後ぐらいまでに出る急性放射線障害
目の水晶体混濁、白血球減少、やけどや内臓などからの出血、痙攣、脱毛、
永久不妊などの障害が現れてきます。

さらに多量の放射線を浴びた場合には、死亡する事もありえます。

○数年、あるいは、数十年後に出る慢性放射線障害

白内障、癌や白血病、胎児の障害、遺伝障害などがあります。
ただ、これは将来発症する可能性が放射線を浴びた人が、高いと言うことです。
何十年後にこれらの症状を発病しても、
放射線との因果関係を証明する事は難しいと言えます。

 

科学

最近、特に紫外線対策をする必要性を感じるようになりました。
サングラスはあまり混みでなかったのですが、
目に対する紫外線の影響の大きさに驚いてからは、

サングラスを購入しました。
特に車を運転しているときには、いまでは重宝しています。

紫外線が強い季節

紫外線が強い季節はいつ頃なので書いうか。
夏前後が一番紫外線が強いようですね。
その時期は紫外線対策は必ずした方が良いでしょう。

紫外線量は5月から7月にかけてが最もが多いといいます。
最近は、オゾン層の破壊が話題になっていますね。
今の科学では破壊されたオゾン層を元に戻すことはできていませんね。

オゾン層は紫外線から守る働きがあります。
それが破壊されると、紫外線が直接地表に到達してしまいますね。
肌へのダメージもとても大きくなります。

年代でいうと今の時代が昔と比べて紫外線の影響は
大きくなっているということがいえと思います。
気温が30度を超える真夏日があります。

照射量も非常に多くなっていますね。
人によっては短時間で日焼けしてしまうようです。
少し前までは、日焼けしている子供は健康そうにみえましたね。

しかし、紫外線を浴びることで日焼けするのですから、
子供にとっても紫外線は脅威になります。
熱中症などを発症してしまう危険性も高くなります。

紫外線対策

○日焼け止めを塗る
○帽子をかぶる
○紫外線の強い時間帯は外で遊ぶのを避ける
等の対策が必要ですね。

脱水症状にも紫外線が強い5月から7月や、
残暑の残る8、9月、などにも注意するようにしたい物ですね。
最近は、屋内でも紫外線対策が必要だといわれていますからね。

科学