引っ越し

 

これから4月にかけて引っ越しが盛んになります。
就職、進学、転勤等、日本列島毎年の
恒例イベントと言っても良いかもしれませんね。

お世話になるのが引っ越し業者ですね。
引越し業者には2種類あります。

大手業者で誰でも言っているところと地域密着型の
中小業者がありますね。
もし、あなたが県外に引越しをするときは大手業者を選びましょう。

中小業者のときは、市内から市内といった
近距離の引越しだと料金が安いです。

しかし、県外への引越しになると長距離になってしまうので
割高になることが多いようです。

また、中小業者は、移動距離がとても長いときは
断られることもあるようです。
中小業者だと県外への引越しに対応していないところもありますね。

それであれば最初から全国対応の大手業者の中から
選ぶのがひとつの方法です。
ただし、これはあくまでも一般的な例になります。

もちろん例外もあると思ってください。
大手に依頼するよりも費用を安く抑えられることがあります。

それは、県外引越しに対応している中小業者を利用することですね。
条件次第でどちらを利用すればいいのかは違いがあります。

まずは大手と中小業者の両方に見積もりを依頼してみましょう。
両方をしっかりと比較して選んでもよいでしょう。
なるべく安く確実に引っ越しをしたいものですからね・・・。

生活

 

アメリカは離婚社会ともいわれるぐらい、離婚が多いですね。
しかし、日本も離婚が多くなりました。
離婚は大きなリスクになります。
それでも離婚したいのは、お互いが嫌だということでしょう。
ただ、犠牲になるのは子どもですね。
離婚につきものの慰謝料について考えてみましょう。

妻と別れる時に慰謝料って絶対に払うものなのでしょうか。
そういうわけでもありません。
慰謝料を払わなくても良い場合もあります。

でも、自分に愛人ができたたことが原因なら、妻と別れたいときには、
慰謝料を払う必要がでてきます。

すんなりと離婚を承諾し、慰謝料を請求しない女性は、
ほとんどいないでしょうね。
ときには、夫だけでなく、愛人にも慰謝料を請求する例もありますよ。

その場合の慰謝料は、100万円~300万円が相場になっています。
ただ、慰謝料の額は結婚していた期間などでも金額がかわってきます。
逆に、妻に浮気されたり、愛人がいるなら、慰謝料はこちらが請求できますね。

また、離婚の原因のトップにあげられるのが性格の不一致ですね。
それで離婚することも多くあります。
ただ、性格の不一致での離婚では基本的に慰謝料請求できないですね。

しかし、妻が離婚を拒否するときがあります。
夫としては、分かれたいので、
手切れ金として支払う例もあるようですね。

自分に非があったり、妻に非がある場合は、
慰謝料を払わなくてはいけないことが多いですね。

でも、妻に非がある場合は、慰謝料を払ってもらえることもあります。
慰謝料を払うかどうかは、そのときの場合で判断されます。

 

生活