また、熱中症で救急車に運ばれたというニュースが出てくる季節になりました。
熱中症は、本人の自覚があまりないとも聞いています。

何かに集中して仕事をしていたりすると、その可能性も高いのでしょうね。
熱中症になる条件としては、高温多湿下で運動していると、
誰もがかかる可能性があるようです。

ですから自分は大丈夫だと過信は禁物ですね。
もし、熱中症になってしまったらどう対応すれば良いのでしょうか。
その時のためにきちんとした知識が必要になりますね。

熱中症か自分で判断する場合の見極め方

〇頭痛やめまい、吐き気がする場合
〇運動後しばらく安静にしていても脈が早い場合
熱中症の可能性があります。

〇脱力感や倦怠感がひどくなったり、手足や腹部の痙攣が起こっている場合
熱中症の可能性が高いですね。

〇痙攣が部分的だったり、腹部などの筋肉に痛みを生じる場合
熱中症が軽度の可能性もありますね。
痙攣がひどくなる前に体を休めましょう。

〇他の人が熱中症か判断する場合
顔色が基準となります。
異常に赤かったり青かったりするときには、注意が必要です。

熱中症になると体温調節ができなくなります。
体温が急速に上昇し、高温状態になってしまいます。

熱を測ってみていつもより体温が高い場合は、熱中症の可能性があります。
また話しかけた時に反応がおかしかったり、
ふらふらするなど行動がおかしい時なども熱中症の危険性があります。

特に意識がない場合は、すぐに対処できる人を探しましょう。
普段からあまり運動していない人が、炎天下で作業した場合は可能性が高くなります。
もちろんですが、普段から運動をしていても熱中症にかかることはあります。

熱痙攣などは普段から炎天下での作業をしている人の方が起こりやすいようです。
少しでも体調に異変を感じたら無理はやめましょう。
運動や作業をすぐに止めて体を涼しい所に移動して休めるようにしましょう。

健康

娘の喘息の発作が起きたときは見ていられません。
入院して、病院で側に付き添っていました。

喘息の症状とは、どのようなものなのでしょうか?
喘息の症状の代表的なものは激しい咳ですね。

ヒューヒューという胸の音も聞こえてきます。
喘息の特徴的な症状です。
娘は、子どもですが大人になると治るとことを願っています。

実は、喘息は大人になってから罹る人もいるようですね。
本人も最初は喘息とは気が付かないこともあるようです。
大人の場合、風邪は治ったのに咳だけが長引く、という症状の方がいます。

特に、朝晩の咳き込みが激しいこともあります。
室内から寒い廊下に出ると咳き込んでしまったりする人もいます。
少し運動しただけで息苦しさを感じたりしたら喘息の疑いがあると思いましょう。

それに、咳が増えることによって胸に痛みを感じたりしますね。
喉に違和感を感じることもあるでしょう。

いずれにしても、放置していると症状が悪化してしまうことがあります。
咳が長引いたり夜中に咳で目が覚めたりするような場合には、
喘息を疑って病院に行きましょう。

場合によっては、ある日突然激しい発作を起こしてしまうこともあります。
できるだけ外来を早めに訪れましょう。
ヒューヒューする音が聞こえたり、胸の痛みを感じるなら、
早く診察を受けたいものです。

健康