うつと不眠症とはどのような関係があるのでしょうか。
調べてみるとうつと不眠症には深い関係があるようです。
うつ病のほとんどの人は。不眠でも悩んでいると言うことです。

不眠

 

どうしてかというと、うつになると同時に自律神経失調症を引き起こすことが多いようですね。
不眠症がその自律神経失調症の症状としてよくでてくるようです。

うつや自律神経失調症になると副交感神経の機能が低下していきます。
落ち着いて眠ることが難しい状況になりますね。

また、うつの症状に「昼夜逆転」というものがあります。
これは夜に眠れなくなって昼に起きられなくなるようですね。

それに、最初はただの不眠症でスタートします。
しかし、「どうして眠れないんだろう」と悩んでしまうと、
うつになってしまうことがあるようです。

このように、どちらが先に起こるかには個人差がありますね。
うつと不眠は切っても切れない関係があると言わざるをえません。

不眠症もうつも自律神経失調症も、
かかりつけの病院で診てもらうことができます。
そこから心療内科を紹介してもらって診断を受けることもできます。

症状がひどくなるまで一人で抱え込むことは、いけません。
まずはお医者さんに相談する一歩を踏み出しましょう。

 

健康

新型うつ病
うつ病にも流行があるのでしょうか。
うつ病についての新しい名称があります。
新型うつ病といいます。

新型うつ病という病名を、あなたは聞いたことがありますか。
どういった鬱状態のことを新型うつ病というのでしょうか。
新型うつ病は最近、マスコミ等でも報道されていますね。

20代から30代の若い世代の間で
2007年あたりから、患者が増加しているようです。

比較的しられるようになっています。
しかし、誤解されることが
新型うつ病はありますね。

新型うつ病は甘えなで病気では、ないのではない、と周りから言われていることもあります。
厳しいですね。

それも誤解の一つなんでしょうね。
新型うつ病という病名そのものは存在しないというドクターもいます。

症状や病気になる過程によって、
うつ病は、大きく四つに分類されるようです。
そのうちの二つに新型うつ病は、当てはまるそうです。

そのため、典型的なうつ病と新型うつ病は、大きく違っています。
診断も新型うつ病としては難しいようです。
さらに、治療法も決まったものがありません。

新型うつ病は真面目で完璧主義な人がかかりやすいようですね。
典型的なうつ病だといいます。
でも、新型うつ病の特徴は、仕事中だけうつ状態になってしまうようですね。

帰宅後や休日の間は普段通りに生活ができるんですね。
新型うつ病では自分が悪くないというタイプが多くて
それを周りの環境や他人のせいにするようです。

特に職場でその傾向が強いようですね。
会社や上司のせいに
仕事がうまくいかなくなるとしてしまうようです。

何をしても楽しいと感じられないのが典型的なうつ病の特徴です。
しかし、新型うつ病のケースでは、違うようです。
自分が興味や関心があることについては、
楽しいと新型うつ病では感じるようですね。

楽しいと新型うつ病では感じるようですね。
健康