ラジオ英会話
将来、役に立つから英会話を習得しよう、という考えでは、
なかなか英会話を身につけることができないようです。

英会話は目的がないと上達しないといわれていますね。
英会話を習得して何をする、という目的がないと難しいようです。
基本的に目的を持ってい内人は上達が遅いようです。

逆に、上達の早い人はみなさん明確な目的を持っていますね。
「こういったことがしたいから英会話が上手くなりたい」
というのが目的になります。

このような人はモチベーションが高いですね。
例えば、「外国人の友達を作りたい」
「仕事でどうしても英会話が必要になった」といった明確な
目的を持つことです。

すると、その目的に向かって突き進むことができます。
常に高いモチベーションを維持できます。

一方、なんとなく英会話を勉強している人は上手くなりません。
上手くならないといけない理由がないからです。
勉強のモチベーションを維持することはむつかしくなります。

それは勉強方法にも影響します。
非効率的な学習になってしまうことが多いです。

目的があるかないかで同じ勉強時間でも全く吸収力が違います。
上達スピードが著しく異なります。

これから英会話を勉強しようと思っている人は、
上達の秘訣は目的を持つと言うことになります。

教育

ドイツ語の学び方はどうすれば良いのでしょうか?
教室に通って学ぶ方法と独学で学ぶ方法があります。
どちらの方が良いのでしょうか?

これは双方どちらもメリットがありますね。
どちらが良いと言うのは難しいです。

【語学教室に通うメリット】

それは、ネイティブの先生に教わることが出来るという点ですね。
○聞き取り能力がネイティブの先生とコミュニケーションを取ることで身につきます。
○定期的に教室に通うことになるので、挫折しにくい。

○同じくドイツ語を学ぶ人とも知り合うことができ、モチベーションが維持しやすい。
○使う教材も決まっていますから、教材を探す手間もいらない。

【デメリットとしては】

○費用がかかる
○忙しい人であれば、通い続けるのが負担になる場合がある。

【独学で学ぶメリット】

○自分のペースで好きな時間に勉強が出来る。
○あまり費用をかけることなく学ぶことが出来る。

【デメリットとして】

○ミュニケーションを行う機会が少ないため、実際の会話力が身に付きにくい。
○教材を選ぶのにも、試行錯誤しなくてはいけない。
○一人で勉強するので、仕事などで忙しくなると、途中で中断してしまいがちになる。

語学教室に通うのか、独学で学ぶのかを決めるために
ドイツ語を学ぶ際には、自分の性格や生活サイクル、経済状態などを考慮しましょう。

教育