スポンサードリンク

口臭の原因として糖尿病と内臓疾患の関係

口臭もなかなか、側にいる人にはキツイものがありますね。
本人は気がつきません。
私も口臭が臭いというのは妻しかいいませんからね。

人の口臭は指摘しづらいものです。
口がくさくなると胃が悪いと良く言われていますね。
これって本当ですか?

食べた物が消化不良を起こし、胃の中で異常発酵することがあります。
それは胃炎や胃潰瘍、十二指腸などの病気のときですね。
します。

その結果、発酵したニオイが体内から発生していきます。
それが口臭となって出てくる場合があります。
また、腸の働きの低下や腸内に病気があると、

腸内の細菌バランスが崩れてしまいます。
結果,悪玉菌が増殖し、ニオイが発生するというメカニズムですね。
肝炎などで肝臓の働きが低下してくると分解しきれないニオイ物質が血液を通り、

口臭となる場合もあります。
肝臓の働きが正常であれば、ニオイ物質が分解されてニオイは発生しません。
重度の糖尿病でも、口臭が強くなるようです。

理由の1つとして、口の中の唾液が不足するといいます。
そのため口の中の細菌が増えてしまう為のようです。
糖尿病の人は歯周病になりやすい傾向にもあるようですね。

また、糖尿病を発病すると、
体内に「ケトン体」というものがでてくるようです。
このケトン体が呼気中に排泄されます。

それが、糖尿病独特の甘酸っぱい独特の口臭を発するようです。
口臭の原因は、口の中の原因が一番多いですね。
しかし,内臓の疾患が原因で発生する口臭もあることがわかります。

口臭が気になっている場合には、
まず口の中に原因がないかを調べましょう。
その次に内臓の疾患を疑ってみましょう。

 

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加