スポンサードリンク

座骨神経痛にはストレッチが効果ありますか?

座骨神経痛になると日常生活に厳しいものがありますね。
そんな座骨神経痛にはストレッチに効果があるといわれています。
原因は人それぞれあるようです。

○長時間同じ姿勢でデスクワークをしているなどが原因
○運動不足が原因

等で腰回りに負担がかかっている人が多くいます。
そういう人たちが坐骨神経痛になりやすいようです。
座骨神経痛の初期症状ならストレッチはとても有効ですね。

改善させることも可能だといいます。
普段の生活でも筋肉が疲れていて腰が痛み、
動きにくくなることは良くあります。

日常茶飯事ですね。
腰のまわりの筋肉をほぐしながらストレッチをしましょう。
そうすると筋肉が硬く凝縮してしまっている場合には

筋肉がほぐれていきますね。
それが坐骨神経痛の緩和につながります。
坐骨神経痛になりやすい人は自分の原因を知りましょう。

○デスクワークが原因であるという人のストレッチ

座ったままで前屈をしながら足の筋肉やお尻の筋肉をゆっくりと伸ばしていきます。
このようにストレッチすると坐骨神経痛の予防にもなります。
坐骨神経痛のストレッチは気がついたときに実践です。

無理をしないで適度に軽い運動だと思って続けてみましょう。
他にも朝起きた時に筋肉を動かしていきます。
ねながらのストレッチは坐骨神経痛の予防になります。

激しい運動は好ましくないです。
軽いストレッチを朝起きて、毎日続けましょう。
軽いストレッチからスタートし、無理をしません。

座骨神経痛の予防にもなるし、
軽い症状の場合は、治療効果もでてきます。
いろいろな座骨神経痛のストレッチがあります。

自分に合うストレッチを探してみることもオススメします。

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加