スポンサードリンク

一日一食の実験が上手くいきました『やってみました! 1日1食』船瀬俊介著

糖質制限を初めて4年あまりがたちました。
最初の一年間で17㎏痩せることができました。

ダイエットが成功しました。
その後、炭水化物を食べたり、
パンを食べるという気の緩みから、

ずるずると体重が増加したり、
また気を取り直して糖質制限に励んだりと
落ち着かない状態が今の今まで続いています。

今年に入り『やってみました! 1日1食』船瀬俊介著を読みました。
一読して人体実験をやろうと思いました。
やってみました!1日1食 [ 船瀬俊介 ]
一日一食にすることで健康になる。
森下敬一先生の本も引用されていた。
肉食がダメだということだが、
その点だけが腑に落ちない。

糖質制限では、肉食等もOKである。

すぐに実践してみたいことに
豆乳ヨーグルトの作成だ。
豆乳に市販のヨーグルトを入れて、1分程度暖めて
室温で放置していると、翌日にはできあがりだという。

この方法でいくと、納豆も煮沸した豆に入れて混ぜておくと
納豆になるそうだ。

【お気に入り・覚え書き】

・沖正弘 三島ヨガ道場
・腹が減るほど健康になる
・カロリー6割なら老化を防ぎ、4割なら悟りを開く
・1998年 長寿遺伝子(サーチュイン)発見
・断食(ファスティング)は万病を治す妙法
・自然界で三食食べているのは人間だけ
・空腹になれば直感力と行動力が冴えてくる
・マクロビオティック  桜沢如一(さくらざわゆきかず) は森下敬一の師匠
・風邪を引いた3日は食べないで治します
・現代人は食べ過ぎている
・空腹感は幸福感「お腹がすいたなぁーなんて気持ちがいいんだろう」
・森美智代・・18年間 青汁一杯で生きている
・弁護士の秋山佳胤(よしたね)・・6年間食べていない
・効能
①持病が消える②病気にかかりにくくなる③身体が軽くなる④疲れにくくなる
⑤睡眠時間が短くなる⑥肌が若返る⑦頭が冴えてくる⑧仕事がはかどる⑨生き方が前向きになる
⑩身体が引き締まる⑪不妊症が治る⑫寿命が延びる⑬食費が三分の一⑭買い物、料理が楽
⑮趣味が楽しめる⑯完成が豊になる
・激しいスポーツ選手ほど、食べてはいけない  力道山は試合前日から一切食べなかった
・一日5秒、筋肉強化法
・徳永秀晃 医療研究家
・小食こそ長寿の必要条件を全て満たしている 動物実験でも明らか  アンチエイジング効果は抜群
・三食きちんと食べている人は、病気に近づいている
・簡単に筋肉アップするには、5秒以上、思いっきり筋肉に力をこめる強化法
アイソメトリックス(静的筋肉強化法)
・筋肉の衰えは、老化につながる。高齢者ほど意識的に筋肉を鍛えるべき。筋肉は老化せず退化する のみ
・頑張りすぎの運動ではなく、楽しいと思える適度な運動が良い
・山田豊文(食事指導師) ミネラルファスティング  山田式ファスティング
・日本だけが三食たべている
・マグネシウム
・寝る二時間前には食べていけない
・番茶がぶのみ、ゴマの黒がけ、海苔(驚異的な抗ガン作用あり)のバカ食い
・緑茶は民間茶の王様。抗ガン作用あり。その中でも番茶がおすすめ。

今年は、始まったばかりですが
大きな出来事ととして一日一食で過ごすことができたということです。

 

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加
02/09/2016 コメントは受け付けていません。 読書