スポンサードリンク

うつ病と不眠との関係

うつと不眠症とはどのような関係があるのでしょうか。
調べてみるとうつと不眠症には深い関係があるようです。
うつ病のほとんどの人は。不眠でも悩んでいると言うことです。

不眠

 

どうしてかというと、うつになると同時に自律神経失調症を引き起こすことが多いようですね。
不眠症がその自律神経失調症の症状としてよくでてくるようです。

うつや自律神経失調症になると副交感神経の機能が低下していきます。
落ち着いて眠ることが難しい状況になりますね。

また、うつの症状に「昼夜逆転」というものがあります。
これは夜に眠れなくなって昼に起きられなくなるようですね。

それに、最初はただの不眠症でスタートします。
しかし、「どうして眠れないんだろう」と悩んでしまうと、
うつになってしまうことがあるようです。

このように、どちらが先に起こるかには個人差がありますね。
うつと不眠は切っても切れない関係があると言わざるをえません。

不眠症もうつも自律神経失調症も、
かかりつけの病院で診てもらうことができます。
そこから心療内科を紹介してもらって診断を受けることもできます。

症状がひどくなるまで一人で抱え込むことは、いけません。
まずはお医者さんに相談する一歩を踏み出しましょう。

 

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加
01/28/2015 コメントは受け付けていません。 健康