スポンサードリンク

離婚の慰謝料を払わないで良いということもあるのでしょうか

 

アメリカは離婚社会ともいわれるぐらい、離婚が多いですね。
しかし、日本も離婚が多くなりました。
離婚は大きなリスクになります。
それでも離婚したいのは、お互いが嫌だということでしょう。
ただ、犠牲になるのは子どもですね。
離婚につきものの慰謝料について考えてみましょう。

妻と別れる時に慰謝料って絶対に払うものなのでしょうか。
そういうわけでもありません。
慰謝料を払わなくても良い場合もあります。

でも、自分に愛人ができたたことが原因なら、妻と別れたいときには、
慰謝料を払う必要がでてきます。

すんなりと離婚を承諾し、慰謝料を請求しない女性は、
ほとんどいないでしょうね。
ときには、夫だけでなく、愛人にも慰謝料を請求する例もありますよ。

その場合の慰謝料は、100万円~300万円が相場になっています。
ただ、慰謝料の額は結婚していた期間などでも金額がかわってきます。
逆に、妻に浮気されたり、愛人がいるなら、慰謝料はこちらが請求できますね。

また、離婚の原因のトップにあげられるのが性格の不一致ですね。
それで離婚することも多くあります。
ただ、性格の不一致での離婚では基本的に慰謝料請求できないですね。

しかし、妻が離婚を拒否するときがあります。
夫としては、分かれたいので、
手切れ金として支払う例もあるようですね。

自分に非があったり、妻に非がある場合は、
慰謝料を払わなくてはいけないことが多いですね。

でも、妻に非がある場合は、慰謝料を払ってもらえることもあります。
慰謝料を払うかどうかは、そのときの場合で判断されます。

 

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加
07/10/2014 コメントは受け付けていません。 生活