スポンサードリンク

血液がドロドロになる原因は何が考えられますか?

血液がドロドロになる原因

〇水分不足
〇お酒・ストレス
〇食生活の乱れ
〇運動不足

上記の中でも血液がドロドロになる一番の原因がありますね。
それは、食生活の乱れです。
食事は血液とストレートに関係がありますね。

肉ばかりを食べて、野菜や魚を食べない生活をしていると、どうなるでしょう。
血液はドロドロになります。

甘い食べ物にも気を付けましょう。
過剰に食べすぎるのも、血液によくありません。

それに、過度なストレスも原因になります。
ストレスを受けていると血液の流れが悪くなります。
ひどいときには、血液がドロドロになるようです。

また、緊張すると大量に汗をかいてしまいますね。
それが原因で水分不足になるようです。

水分が不足すると血液が濃くなりますね。
それでドロドロ血液になるわけです。

それから、運動不足も原因になります。
運動しないと血液の流れが悪くなりますね。
ストレスも溜まる一方になります。

それで血液がドロドロになってしまいます。
お酒は適量なら血液の流れを良くすることができますね。
過剰に摂取するとドロドロ血液を引き起こすようです。

このように、様々な原因があります。
どれか1つだけが原因というわけではありません。
全てのことに気をつけていきたいものです。

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加
06/29/2014 コメントは受け付けていません。 健康