スポンサードリンク

胃炎のための胃腸薬

胃炎について、簡単に考えない方が良いでしょう。
ぜひ専門医に診てもらいましょう。
医者の指示に従い薬を服用して治療していくことが大切だと思います。

ところが、胃炎を患っている人には、一般に売られている胃腸薬で
症状が緩和されると思い込んでいる人も多い様ですね。
店頭でよく見かける胃腸薬も症状の改善は期待できますね。

しかし、一人一人の患者さんの症状を考えて作られてはいませんね。
ドラッグストアに必ずいる薬剤師の方と相談しましょう。
その意見を聞きながら、自分の症状に見合った胃腸薬選択して行きたいものです。

胃酸過多がありますね。
それになってしまうことで生じる胃炎症状は、胃のむかつき、もたれ、
胸やけ、胃の痛みなどがあります。

H2ブロッカーという胃酸の分泌を抑える薬が開発されています。
ガスター10については、従来は医師の処方に限ってしか入手することができないですね。
ファモチジンを市販できるようにと開発されました。

さらに、三共Z胃腸薬と名付けられた薬は、
医療で用いる塩酸ラニリチジンが配合された胃腸薬になります。
薬の効き目が長いと注目を集めている胃腸薬です。

パンシロンH2ベストというロート製薬の市販薬もあります。
それには、シメチジンが入っていますね。
胃酸が過剰に分泌されるのを抑える効果があります。

これまで取り上げた薬は、優れた胃炎改善効果が望める薬です。
人気を集めている薬でもあります。
ドラックストアで簡単に手に入りますね。

しかし、気楽な気持ちから使うことは避けたいものです。
専門の医師の処方を受けた薬では、ありませんね。
それほど強力な薬剤ではないと過信して、
定められている用量よりも多く飲んでしまう人もいるようですね。

それぞれの薬剤の注意書きに目を通すことが大事です。
そして服用に関してきちんと決められていることを守らなければなりません。
複数の薬を同時に飲むことは危ないと思います。

今の段階で自分が服用している薬剤をひかえておきましょう。
胃炎に効果のある胃腸薬を買う場合は、現段階で服用している薬を話しましょう。
悩まされている症状は全部伝えることが必要ですね。

 

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加
09/09/2013 コメントは受け付けていません。 健康