スポンサードリンク

胃ガンとピロリ菌には関係があるのでしょうか

 

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)は胃の粘膜にすみつく悪い菌ですね。
ピロリ菌と病気には因果関係があり
ピロリ菌と胃がんは深い関係があるようです。

胃炎や胃潰瘍、など、ピロリ菌が引き起こすと考えられています。
ピロリ菌が作り出すタンパク質がヒトの細胞内のタンパク質に偽装し、
胃がんを発症させるメカニズムになっているのではないかと
と注目されています。

胃がん患者の99%の人がピロリ菌に感染しているといいます。
胃がんはピロリ菌に感染していなければ発症する確率はとても低いようですね。
ピロリ菌の感染者の割合は、日本人全体していも高い数値になっています。

特に高齢になればなるほど高い保有率だといいます。
50歳以上の約80%が保菌しているといわれていますね。
ピロリ菌に感染していても、胃がんになる確率は少ないともいいます。

ピロリ菌に感染していても全員が胃がんになるわけではありません。
喫煙や塩分の高い食事などは、胃がんの発生リスクを高めます。
特に喫煙は、がんを誘発するようです。

がん予防にとってはリスクすね。
塩分の高い食事も、ピロリ菌が喜ぶ環境を作り出すようです。
ですから、減塩は必要ですね。

とくに野菜や果物の摂取は、抗酸化作用もあります。
代謝を促す作用があります。
発がん物質を追い出してくれますので、積極的にとりましょう。

胃がんの予防には、ピロリ菌を持続感染させないような
胃の環境作りをしたいものです。
まずは、病院でピロリ菌の検査をして確認しましょう。

できるなら除菌をしたほうが安心かもしれませんね。
井戸水を飲んでいたり、幼児時期に親から離乳食として
口移しで食べさせられたときにピロリ菌に感染した子どもも多いといいます。

乳児食でそういう経験をした親御さんも多いでしょうね。
このピロリ菌に感染しているかどうかは、
検査でわかるということです。

もし検査でピロリ菌がいることがわかれば
薬を飲むことでピロリ菌をやっつけることができるようです。

 

 

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加
09/03/2013 コメントは受け付けていません。 健康