スポンサードリンク

水道水に含まれる塩素には血圧を上げる働きが?

普段、少し血圧が高めの人は多いでしょうね。
日頃の水分補給は、血圧の高めの人もそうでない人にもとても大切ですね。
人間の体は、汗や排便などで多くの水分を排出しています。

一日に約2Lの水分を放出しているといわれています。
ですから、体から出ていってしまった分の水分補給をしなければなりません。
特に血圧が高めの人が運動などをして汗を書いた場合がありますね。

そのときには、体内の水分が失われるだけでなく、
血液中の水分も失われてしまいます。
そうすると、血液濃度が高くなっていきます。

十分な水分補給が必要です。
血液をサラサラにするように心がけたいものです。
その水分補給には、お茶やミネラルウォーターなどが最適ですね。

それらを飲むように心がけましょう。
日本の水道水は無味無臭で大変飲みやすいです。
水道水を飲料水として使っている人も多いでしょう。

しかし、水道水には水を殺菌するための塩素がたくさん入っています。
この塩素は、血圧を上げる効果があるそうです。
よく血圧が高めの人の食事療法として減塩法というのがありますね。

食塩の中に含まれる塩素が血圧を高めてしまうようです。
それで、なるべく食塩を摂らないほうがいいとされているのです。
そして、塩素は煮沸しても全てなくなることはないようです。

私も水道水でも沸騰させれば大丈夫だと思っていいました。
そうではないようですね。
確かに沸騰させれば少しは塩素は消えるそうです。

全部無くすまでには,とても長い時間煮沸させなければならないようです。
このように、血圧を気にする人は水道水は控えたいものです。
また、清涼飲料水や糖分を含んだジュースは、カロリーを摂取することになりますね。

水分補給という意味ではジュース類は飲まないようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加
09/01/2013 コメントは受け付けていません。 健康