スポンサードリンク

糖質制限食に関する本をテキストに決めました

今回、テキストに『主食をやめると健康になる』江部康二著
を選ぶことにします。
副題として「糖質制限食で体質が変わる!」とあります。

そうです。
私は2年前に糖質制限食にであったのです。
そして、これまでの生きてきた中で、

おおきな食に対する考え方が変わったのです。
本のタイトルからして疑問ですよね。
主食をやめると健康になる、といわれると

???になるでしょう。
私も最初は疑問だらけでした。
半信半疑というよりも信じていませんでした。

健康に関する本はたくさん読んでいました。
牛乳が危険だとか玄米が体に良い。
肉は体に良くない等。

テレビでもいろいろな食に関する話題がでてきました。
納豆が体によい、とい放映されたら翌日の納豆が
売り切れになるという社会現象が何度かありました。
バナナダイエットというものもありました。
ダイエットは凄いです。
どんどん新しいダイエットがでてきます。
もう覚えきれませんね。
食品の数だけダイエットが存在するみたいですね。
トマトダイエット、リンゴダイエット、みかんダイエット等
その数はいくつあるかわかりません。
さて、上記の本を読んで自分の体で実験してみました。
私は、夕飯になると毎日、ご飯はおかわりをします。
そうしないと食べた気がしません。
ですからご飯を食べないというのは、非常に抵抗があります。
これも一気にはいきません。
本の中では、炭水化物や糖質を食さないと主張されています。
私はパンも大好きなんですが、まずパンを食べないことから

始めてみました。
徐々にご飯も減らしていき、一時期は糖質制限食が
守られていました。

するとどうでしょうか。
あれだけ体重が減らない人間が
どんどん減少していきます。

15㎏まで減っていきました。
2㍑のペットボトルに入った水の
約、8本分の重さが体からなくなりました。

膝への負担が軽くなりましね。
階段を上るにも抵抗を感じなくなりました。
なぜ、そういう結果がでて、糖質制限食は

どのようにすればよいかというのは、
今後書いていきたいと思います。

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加