スポンサードリンク

退職理由が「会社都合」か「自己都合」かで何が変わるのか?

失業保険をもらえるのは条件の違いによって同じではにようです。
退職理由が「会社都合」か「自己都合」かで失業保険をもらえる
給付条件が大きく変わるようです。

○会社都合

会社都合なら、三ヶ月の給付制限期間がありません。
給付期間が長くなります。
給付期間が長ければ、それだけもらえる金額も増えることになりますね。

人によっては会社都合の場合と自己都合の場合で100万円近い差が生じるようです。
できるだけ、会社都合で退職した方が得なんですね。
では、どうしてみんな自己都合で退職するのでしょうか。

それは、会社側に辞表を書くようにいわれるようなんですね。
辞表を書いてしまうと、自己都合退職になってしまいますね。
ですkら、いくら会社にいわれても自分の意思で辞めるのでなければ、
辞表を書く必要はありません。

もし自分の意思でやめる場合であっても、会社都合と見なされるときもあります。
○パワハラやセクハラ
○いじめ
○採用条件と労働条件の著しい相違
○賃金が継続して二ヶ月以上も支払期日までに三分の一以下しか
支払われなかったとき
○残業手当を除く賃金がそれまでの85%未満になってしまったとき
(予見が困難な場合のみ)等
このような理由の時は会社都合とみなされます。

リストラも当然、会社都合退職になります。
他にも、一見すると自己都合の退職理由のように思われていることでも、
実は、会社都合退職だということがあります。

会社側はなるべく自己都合退職にしたいでしょうね。
会社都合退職にすると、退職金の上乗せでお金がかかります。
雇用に影響が出たりします。

また、行政からの助成金がカットされるなどのマイナス面が考えられます。
でも、そんなのは会社側の都合ですね。
多少のことには屈してはいけません。
もし、退職するなら会社都合退職を勝ち取っていきたいものです。

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加
08/30/2013 コメントは受け付けていません。 生活