スポンサードリンク

お金を借りて返したい気持ちがあっても借金の返済が 事実上できないとき

厳しい時代になっていますね。
リストラも多くなりました。
お金を借りて返したい気持ちがあっても借金の返済が
事実上できないときがありますね。

相談するにはどこの誰に行けばいいのでしょうか。
あちこちから借りていたら
どんな借金であっても、返済は難しくなります。

借金の実体が見えないからですね。
過払い金の存在を最近知ったという人がいます。
民間の支援団体にそういう方は、相談するのも良いでしょう。

ボランティアになっているので、相談の費用を心配する必要はないでしょうね。
最近は、民間の支援団体の取り組みについて新聞などで
報道されるようになりました。

そのためには、返済者がトラブルから抜け出したいと、
本気で思っている必要がありますね。
色々な角度から
借金返済を軌道にのせるために働きかけてくれます。

もし悪徳業者によって追い込まれているような状況だとしますね。
そのときには、警察に相談するのが良い方法だと思います。
取り立ては約束通り返済していないから行われるのものです。

しかし、暴力によって危害を加えることはいけません。
当然違法行為となりますね。
ただ、警察が渋るケースもありますね。民事不介入ということで、
問題にかかわらないのですね。

民事不介入によって、取立ての質によってちがいます。
民事事件として扱うわけにはいかないとされることがケースも多いと言われています。
金融庁が出している指針への違反や、法律違反に該当することもあります。

その場合は、自分を責める必要はありません。
精神的に追い詰められたために通院を余儀なくされたときもあります。
取立てを受けた時の暴力による負傷などをしたときには、
医師から診断書をもらっておきましょう。

悪徳金融業者から借金をするのは深刻なトラブルにつながる可能生が大きいです。
ですから、少しでも関わることがないように気をつけましょう。
借金返済のために借金をするようになってしまったら危険ですね。
この場合は、すぐにでも相談を持ちかけたいものです。

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加
08/28/2013 コメントは受け付けていません。 生活