スポンサードリンク

発達障害の定義とその診断

発達障害とは、そのような定義がなされているのでしょうか。
発達障害者支援法が平成17年4月1日に施行されました。

その発達障害者支援法の定義によると、
「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、
学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であって
その症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるもの」とあります。

発達障害は、先天的要因がほとんどになります。
後天的な場合も疾患や外傷の後遺症が要因のためになります。
両親の育て方や愛情不足が要因で発達障害になることはありません。

精神障害の診断と統計の手引き(米国精神医学会)によると、発達障害とは、

○広汎性発達障害→自閉性障害、レット障害、小児期崩壊性障害、
アスペルガー症候群
○運動能カ障害→発達性協応運動障害
○コミュニケーション障害→表出性言語障害、受容一表出混合性言語障害、
音韻障害、吃音症、特定不能のコミュニケーション障害

○学習障害(LD)→読字障害、算数障害、書字表出障害、特定不能の学習障害
○注意欠陥多動性障害→混合型(不注意型と多動衝動型の混合)、不注意優勢型、
多動性一衝動性優勢型、特定不能の注意欠陥多動性障害
○精神発達遅滞(知的障害、知能障害ともいう)

となっています。
成長するにつれて、発達障害を持つ子ども、
他の精神疾患や身体的合併症を併発することがあります。

発達障害を「障害」ではなく、「子供の個性」と捉えて、
発達障害を持った子供の社会的自立を支援している団体もあります。
しかし、社会に上手く適応できない発達障害の子どももおおいようですね。

発達障害児の周りにいる大人の理解をえる教育がこれからは
必要になると思います。
徐々に理解の我が広がれば、発達障害児達も新その境の中で生き生きと
生活できるのだと思います。

 

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加
08/24/2013 コメントは受け付けていません。 教育