スポンサードリンク

カビ 対策のコツはありますか

カビは、アレルギーや病気の原因になります。
さらにはダニのエサになることもありますね。
カビは健康を害してしまう要因でもあります。

カビはどこに生えるのでしょうか。
まず、カビの生えるところとして、キッチンや浴室、
洗面所などの水回り等があげられます。

カビは目に見えやすいため、発見しやすいと思います。
カビは押し入れやクローゼットなど、あまり目につかない、
見えにくいところで生えている例も多々あります。

気付いたら、カビに囲まれて生活していたということになりかねませんね。

カビ対策のコツ

そうならないためにも、効率的なカビ対策のコツを紹介していきます。
まず、和室の畳やカーペットなどを持ちあげてみます。
カビの臭いがしないか確認してみます。

ぱっと見た感じでは異常がなくても、裏側がカビだらけになっていることも多いです。
○押し入れの中の臭いもよく確認してみます。
カビくさい臭いがありますか。

畳や押入れのカビは、床下からの湿気対策が行われていないですね。
それで生えてしまうようです。
特に、押し入れの床板は他の部分と比べて薄いです。

湿気の影響を受けやすいようです。
カビの臭いを感じたら、床下換気扇の取り付けや乾燥剤を使用しましょう。
さらに気をつけたい場所が和室です。

和室は、あまり使っていない家庭も多いと思います。
カビの生えやすい部屋のようです。
普段使っていないからといって、和室で部屋干しをするのは避けたいものです。

洗濯物の湿気で、余計に部屋の湿度を上げてしまうことになります。
それが原因でカビの温床となりますね。
それから、クローゼットなどの収納場所も、湿気がたまりやすいです。

カビの温床になることがあります。
収納する際に扉を締めきってしまいますね。
それが空気の流れを悪くしてしまうことでカビが発生するのでしょう。

また、洋服を詰め込みすぎると通気性が悪くなります。
湿気がこもりやすくなってしまいます。
収納ケースやクローゼットでは、満杯に収納するのではなく、
八分目くらいの収納を目安にするのが良いでしょうね。

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加
08/23/2013 コメントは受け付けていません。 生活