スポンサードリンク

不眠症の分類とその原因

不眠症とは、睡眠障害の一つですね。
いつもより、睡眠時間が短くなります。
そのために、精神的にも肉体的にも不調がおこる病気のことをいいます。

不眠症の分類

○熟眠障害

熟眠障害は、時間的には十分に睡眠をとっているのに、
眠りが浅いせいで、熟眠感が得られません。

○中途覚醒

中途覚醒は、中高年に多く、起きると決めた時間までに
何度も目が覚めてしまいます。

○早朝覚醒

早朝覚醒は、その名の通り、朝早く目覚めてしまって、
その後、眠ることができないという症状です。

○入眠障害

入眠障害は、寝つきが悪くて、なかなか眠れないという症状です。
寝つくまでに30分~1時間以上かかると、入眠障害の疑いがあるでしょう。
の四つに分類されます。

もちろん、不眠症というのは、一日や二日、
このような症状が現れることではありません。
長期間にわたって続くことをいいます。

また、充分な睡眠時間がどのくらいなのかというのは、
個人差があり、本人が3時間でも平気なら不眠症ではないでしょう。
眠れなかったり、熟睡できないことで、体調が悪くなったり、
昼間に眠くなって仕事などに支障をきたすことがあります。

病院に行く目安としては不眠症の症状が一ヶ月以上続くときですね。

不眠症の判断基準

不眠症の判断基準は、朝起きたときに不快感があるかどうか。
よく寝たはずなのに、いつも体がだるかったり、
いつまでも眠かったりする場合は、もしかすると、不眠症かもしれません。

不眠症の原因

不眠症の原因は、大きく分けると五つです。

①痛みやかゆみ、喘息などの身体的要因があげられます。
睡眠時無呼吸症候群も、代表的な不眠症の要因です。

②環境の変化や騒音、温度や湿度が不快で、
睡眠環境としてよくないなどの生理学的要因。
枕が変わると眠れないなんて、よくいいますよね。
これは外的要因なので、その要因を取り除くことができれば、
不眠症も治るでしょう。取り除けないこともありますが・・・。

③ストレス、精神的ショック、生活や将来への不安などの心理的要因です。
仕事のストレスや失恋、身近な人との死別のような精神的ダメージから、
不眠症になるケースもよくあります。長期化するようなら、
カウンセリングを受けた方がいいでしょう。

④うつ病、神経症などの精神疾患による不眠です。
精神医学的要因での不眠は、自力ではまず治すのが難しいようです。
心療内や科精神科への通院が必要でしょう。

⑤薬理学的要因の不眠でアルコールの飲みすぎ、カフェインの摂りすぎ、
タバコの吸いすぎ、降圧薬、ステロイドなどによるものです。

いずれも、自分の不眠症の原因がわかったら、
なるべく早くその原因を取り除く努力をしましょう。
長期の不眠症は、専門医に相談します。

必要なら睡眠導入剤や睡眠薬を使ってでも、眠った方がいいでしょう。
もし、自分でできる範囲の不眠症解消法が効果がないのなら、
すぐに病院に行ってください。

不眠症の治療は、精神科や心療内科で行っていますね。
行きづらいときには、かかりつけ医に相談するだけでも、かなり違うと思います。

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加
08/20/2013 コメントは受け付けていません。 健康