スポンサードリンク

出産後に仕事をはじめる主婦の子育てと家の仕事

最近、「育メン」という言葉もよく聞かれるようになりましたね。
最初はどういう意味なんだろうとわかりませんでした。
子育てに夫が参加する家庭が今は増えていますね。

他にも、男性にも育児休暇を取る人がでてきました。
これは、当然のことだと思います。
主婦にとって、出産後に仕事をはじめる人にとって子育てと家の仕事の仕事量は
大変なものがあります。

子どもが高熱を出してしまったり自分も風邪をひいたりしまうときもあります。
その時には、実家のお母さんやお姑さんのお手伝いをお願いしましょう。

会社の仕事をしているわけではないので、
母親になったのだから甘えずに自分で全てこなそうなどと、
思わなくても良いですね。

赤ちゃんが手が掛からなくなるくらいに成長するまでは、人の手を借りましょう。
周りにたくさんの迷惑をかけてもドンマイということにしておくのです。

しかし注意点として、家族が手伝ってくれる
ことに対して多くのことを求め過ぎないようにしたいものです。
完璧をもとめてはいけません。

身内だからとつい甘えてしまうでしょうね。
自分だけが一生懸命頑張っていると感じることが口や態度に出てしまうこともあるでしょう。
そのような気持が強くなったら、ちょっと落ち着いて
手伝ってくれていることに感謝の気持ちを持つようにしましょう。

また「父親なのだから、そうすべき」とか「母親だろう」というような言葉は厳禁ですね。
育児のことで夫婦で疲れてしまうこともあります。
そういうとき、何となく毎日がぎこちないと感じてきたら、
夫婦間でも育休を話し合って決めましょう。

例えば、今週はママが休みね。
日曜日はパパのお休み、と言うようにです。
夫婦で相談して決めると良いでしょう。

母親は、一人でいられる時間が出産後はなかなか持てないものです。
たまには一人で外出して自分のために時間を使ってみたいと思うでしょう。
親友と待ち合わせて普段の育児や仕事の悩みを聞いてもらうの良いでしょう。

父親も学生時代の友人と遊んで日頃の苦労を労りあうと良いでしょう。
そうすれば仕事や育児のための活力を得られると思います。
夫婦で力を合わせながら毎日を一生懸命に送っていると、あっという間に、
子どもはどんどん大きく成長していくことでしょう。

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加
08/20/2013 コメントは受け付けていません。 生活