スポンサードリンク

慢性胃炎とは?|大きく特発性慢性胃炎と随伴性慢性胃炎に分類

慢性胃炎の場合は、原因を特定しにくいようです。
それが慢性胃炎のおおきな特徴のようですね。
常時、胃粘膜の部分に炎症が起きている状態で、大きく2種類に分類して説明しますね。

特発性慢性胃炎

2種類ある症状のうちの1つ目は、「特発性慢性胃炎」です。
胃粘膜の炎症以外は何も生じないというタイプです。

この「特発性慢性胃炎」と呼ばれるタイプは、さらに三つに分けられます。

タイプ別では
①慢性萎縮性胃炎
②慢性表層性胃炎
③慢性肥厚性胃炎

というものが該当します。

①慢性萎縮性胃炎

胃炎の中でも慢性萎縮性胃炎とは、胃粘膜部分の委縮によって薄くなってしまうようです。
胃酸の分泌のバランスが崩れ、無酸症や低酸症になる危険が大きくなります。

②慢性表層性胃炎

慢性表層性胃炎とは、症状が軽い場合によく見られますね。
炎症が胃の粘膜部分の表面に生じるという胃炎です。
完治しやすいタイプですね。

しかし、慢性委縮性胃炎に発展してしまうことも多いようです。
治療を怠けてはいけませんね。

③慢性肥厚性胃炎

慢性肥厚性胃炎というものは、胃内部に過酸症という症状がよく見られます。
特発性慢性胃炎というタイプは、原因となる要素が特定しにくいですね。
いくつかの要因が絡み合うことで引き起こされるのではないかと
多くの医師たちは考えているようでです。

胃に刺激が頻繁に与えられたり、体の免疫が正常に機能しない自己免疫、
急性胃炎が何度も繰り返されることなどが原因で慢性胃炎になってしまう人も多いようですね。
胃にダメージを与えるものとしては、アルコール飲料やタバコなどが挙げられます。

熱々の料理を食べることも胃に負担を与えるようですよ。
そして、ストレスも胃に負担がかかる大きな要因だということが明らかになっています。

随伴性慢性胃炎

慢性胃炎の2種類目の症状は随伴性慢性胃炎として知られる胃炎です。
胃潰瘍や腫瘍などに伴って胃の炎症が誘発されます。
胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの病気になっている人の大半は、併せて胃炎も抱えているといいます。

慢性胃炎を起こしていても症状を自覚していない人も多いようです。
会社や自治体で実施する健康診断で見つかる場合も多いですね。
職場検診は、欠かさず受診したいものです。

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加