スポンサードリンク

若年性更年期障害の原因と対応

更年期障害はよく耳にします。
自分の母親だったり、周りにもそういう方がいます。
更年期障害が起こる年齢は、いつ頃なんでしょうか。

平均的にみて閉経後である50歳前後のようですね。

若年性更年期障害

ところが、20~30代の女性に更年期障害の時に起こるような症状
(顔の火照りや全身からの発汗、頭痛、動悸、めまい、イライラをよく感じるな)
がみられるケースもあります。

このことを「若年性更年期障害」というそうです。
女性の社会への進出が今の社会では、当たり前になっています。
今の女性は男性と同じように仕事をこなしていますね。

また、共働きで子育て、仕事、家事をしなければならないですからね。
そのせいで肉体的にも精神的にも疲労を感じている女性が多いようです。
日常生活を送る上でストレスをため込むことも多くなっているようです。

そのストレスの影響で女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、
若年性更年期障害へとつながっていくようです。

若年性更年期障害の原因は仕事や日常のストレスだけではありません。
最近では、女性の喫煙者数が増加している傾向にあります。

この喫煙も若年性更年期障害の症状を引き起こす原因の一つのようです。
他の要因もあります。
過度なダイエットで短期間で無理に体重を落とそうとしたり、
不規則な食生活を送ることなどもあげらるようです。

若年性更年期障害を防ぐには

日常生活の改善が若年性更年期障害を防ぐためには最も大切になります。

○とくに食事です。

自立神経のコントロールやホルモンの分泌に関係しているビタミンEが必要です。
ビタミンEを豊富に含むものには、青魚やナッツ類などがあります。
それらを積極的に食べるようにしましょう。

○適度な運動を心がけましょう

デスクワークが中心ですと運動不足になりますね。
まずは、一日30分程度のウォーキングからスタートしましょう。
慣れてきたらジョギングなども平行して行ってみると良いでしょう。

中止することは、ハード過ぎる運動は逆効果になります。

○精神的なストレスをためこまないこと

一人で問題を抱えると、どんな人でもいけません。
だれでも、どんどん塞ぎがちになってしまいます。
周囲の人や家族などに話しましょう。

話すだけでも、とても楽になると思います。
話したら解決することもよくありますからね。

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加