スポンサードリンク

産後太りになる原因は?

産後太り、ということをよく聞きます。
出産しても元の体形に戻らないのですね。
それ以後、さらに太っていく女性も少なくないようです。

女性は妊娠すると、胎児に必要な栄養を送らなければなりません。
そのため、脂肪を体内に自然と溜めこもうとしていきます。
出産後、その溜め込んだ脂肪が残ってしまうのですね。

それが産後太り、といわれていうものです。
産後太になる原因りはいろいろあります。

○妊娠してから出産までに起こる骨盤の開きや歪み
○運動不足や新陳代謝の低下
○栄養過多
等が考えられます。

それぞれの体質的な問題もありますね。
一番のポイントは妊娠時と同じ食事や生活を出産後も送っていると言うことです。
これでは、産後太りになるのは間違いないですね。

出産後は、すぐには運動できませんね。
まずは食事の改善が必要になります。
授乳中であっても食べ過ぎないことが大事です。

これはとても大切なことですね。
授乳をしているとお腹が空くようですね。
食事は質の良い物を食べるようにします。

低脂肪で高たんぱくな物を摂取しましょう。
産後太りのおおきな原因のひとつに、
赤ちゃんが残した離乳食を食べることですね。

確実に太りますね。
そして、体を動かせるようになったら、運動を少しずつ行いましょう。
ただ、運動量を一気に増やすことは避けましょう。

ただでさえ母親は、育児で体力を使っていますよね。
頑張り過ぎて運動してしまうと、ダイエットも長続きしなくなりますから・・。
さらに、骨盤の歪みを矯正出来るようなエクササイズを実施しましょう。

あるいは、骨盤矯正下着のような物を利用してみましょう。
自分の体調をしっかり管理することですね。
少しずつ食事を改善していきましょう。

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加