スポンサードリンク

集中豪雨への防災対策

近年、日本各地では短時間での集中豪雨が頻発していますね。
毎年、大きな災害が日本のどこかで起きています。
今年も、集中豪雨で大きな被害をもたらしています。

これまで、集中豪雨による被害は山沿いの土砂災害や河川近くの洪水などでした。
限られた地域で起こってきました。
しかし最近は違う傾向があります。

都市部でも雨によって床下浸水したり、交通機関がストップしたりするのです。
それにより、様々な影響が出てきています。
集中豪雨は身近な災害ですね。

防災対策を考えていかなければなりませんね。
近年の集中豪雨の特徴は積乱雲が急速に発達することでおきているということです。
気象庁でも的確に予報することは、難しいといいます。

短時間で大雨が降るので被害もおきます。
その為、強い雨が降り始めた場合には自分たちが意識しておく必要がありますね。
防災対策は自分たちで行うことが重要になってきます。

都市部ではコンクリートの道路が多いですね。
集中豪雨の流れた水を吸収する場所がないえあけです。
その為水はすぐに溢れてしまいます。

下水の容量もオーバーしてしまいます。
やがて道路の水没や民家への床下浸水が起きるという流れになっています。
浸水被害を最小に抑えるには、どうすれば良いのでしょうか。

有効な手段として土嚢などで食い止める方法があります。
しかし、どのようには土を入れて,ある程度の数量を確保し,
常備しておかなければなりません。

普段河川の近くにない家でもそうです。
集中豪雨による水害を考え防災対策をしておく必要があります。
最悪、水没した道路で車ごと水に使ってしまうことがありますね。

そのまま命を落としてしまったという痛ましい事故も何度かありました。
車が水没した場合、水圧が強くてドアを開けることは非常に難しいそうです。
エンジンが付いていなければ窓を開けることもできませんね。

このような場合の防災対策として、車の窓を簡単に破れる道具も最近、
発売されているようですね。
いざという時のために、車内に常備しておきたいものです。

道具がない場合はビニール袋などにあるだけの小銭を入れ、
鞭のように振ると窓ガラスを破ることもできるようです。

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加