スポンサードリンク

オリゴ糖の主な種類

オリゴ糖は健康や美容に対して効果が高いようですね。
いまオリゴ糖は注目されています。
うれしいことに、オリゴ糖が含まれている食品が私達の身の回りには、いろいろあります。

実はオリゴ糖は、いろいろな種類にわけられています。
大きく分けると、二種類に分類できます。
いくつもの種類が他にもあります。

オリゴ糖に腸内環境を整えてくれます。
腸内環境を整えてくれるということは消化されずに大腸までオリゴ糖が
届いているということになります。

難消化性オリゴ糖となります。
逆に、大腸まで届くことなく消化されてしまうオリゴ糖があります。
それを消化性オリゴ糖と言います。

たくさんの種類があるオリゴ糖の中から、今回は代表的なオリゴ糖をいくつか説明しますね。

ガラクトオリゴ糖

母乳に含まれています。
便秘対策のオリゴ糖とも言われていますね。
赤ちゃんは最初に母乳を口にしてから腸内の活動が開始されていきます。

ガラクトオリゴ糖は、赤ちゃんが最初に体内に取り入れる天然のオリゴ糖になります。
整腸作用があり、腸内のビフィズス菌の最初のエサになります。

キシロオリゴ糖

ガムなどで有名になりました。
それがキシロオリゴ糖です。
オリゴ糖の種類の中でも最も整腸作用があるようですね。
低カロリーで虫歯の原因になりにくいオリゴ糖でもあります。
トウモロコシの芯やタケノコなどが原料で生産されています。
摂りすぎには注意が必要ですね。

大豆オリゴ糖

大豆の皮から精製して作られます。

砂糖に近い甘さがありますね。
カロリーは半分程度で腸内のビフィズス菌増殖作用がありますね。

フラクトオリゴ糖

最も代表的なオリゴ糖ですね。
自然界では玉ねぎやゴボウ、はちみつ等に含まれています。
マイルドな甘みが特徴です。
砂糖に比べてカロリーが2分の1程度になります。

主にバナナや玉ねぎ、ごぼうなどに含まれています。
甘みが比較的他のオリゴ糖よりも高いようです。
しかし、カロリーは低いようです。
腸内細菌の活動促進効果があります。
たんぱく質の消化吸収を助けてくれる働きもあります。

食べ過ぎるとお腹が緩みます。
ガスが溜まりやすくなるなどの症状があります。

ラクトスロース

○○糖という名前ではありませんが、ラクトスロースもオリゴ糖の仲間です。
高いビフィズス菌増殖効果があります。
便秘解消のための食品などに含まれています。

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加