スポンサードリンク

行政書士の年収はいくらで何の職業に就けるのか?

行政書士という資格は最近人気があります。
仕事の内容があまりイメージできませんね。

行政書士の年収

行政書士になると年収はいくらぐらい何でしょうか。
行政書士の年収は、平均で約600万円のようです。
月収に換算すると約50万円くらいになりますね。

これは平均値なんですね。
行政書士全員が600万円くらいの収入があるというわけではありません。
行政書士の約2割程度が、600万円前後の年収があるということのようです。

比較的年収が高い職業になります。
行政書士はサラリーマンではありませんね。
ですから中には、年収2千万円~3千万円もらっている行政書士もいるようですよ。

行政書士が働ける職業

まず、行政書士に合格すると、どんな職業で働けるのでしょうか。
行政書士はとても専門的な資格だと思います。
この資格を持っていてできる職業というと、何があるのでしょうか。

やはり、行政書士事務所に努めたり行政書士事務所を開業する人が多いようですね。
資格を取得したからといって、いきなり開業するのは、難しいですね。
まずは、どこかでしばらく働いて実務になれる方が良いでしょうね。

それから開業しても遅くありません。
もし、一般の会社に就職するなら、資格欄に「行政書士」と書いていれば、
もしかしたら会社によって有利な場合もあるかもしれません。

行政書士で一般の企業に就職する人は少ないでしょうね。
行政書士の資格を取得した人は、その多くが行政書士事務所で働いています。
あるいは、開業を目指しているようです。

行政書士の仕事の範囲はとても広いですね。
ですから、これまでの仕事で培ってきた知識や自分の得意分野が非常に重要になります。
この分野だったら任せてくださいと、言える得意な分野を作っておくことは、
今後の仕事に有利になります。

行政書士の資格を持った人も多くいるようです。
競争が激しいようですね。
いま時代では、何かに特化した行政書士や行政書士事務所がニーズがあり求められています。

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加