スポンサードリンク

つけ爪(ネイルチップ)の種類と手入れ方法

つけ爪で指先の手入れをすことも流行になっていますね。
つけ爪は簡単ですが華やかな気分になれますね。
女性らしい指先をこまかく見せることができます。

つけ爪の種類

つけ爪には種類があります。
大きく分けると、

ネイルチップを両面テープや接着剤(ネイルグルー)で自爪に貼り付ける方法
○スカルプチュアやジェルネイルのように自爪の上に人工の爪を作る方法
この二つを組み合わせる
○チップオーバーレイと呼ばれる方法
があります。

つけ爪で指先の手入れをすると

*自爪を補強できる、自爪が短くてもネイルアートができる、
*ネイルチップを両面テープなどで一時的に貼り付けることができる。
 その必要な時だけ指先を飾ることができる

例えば、デートや飲み会なんかの時だけネイルチップを両面テープでつけていきます。
帰ってきたらすぐにつけ爪を取り外すことができますからね。
等の利点もあります。

ただネイルチップは破損しやすいこともあります。
ネイルグルーも自爪を傷めやすいですね。
ネイルサロンで爪をつけるなら衛生管理がしっかりしていて、
技術の高いところを選びましょう。

つけ爪の手入れ方法

つけ爪の手入れ方法には、
○光沢がなくなってきたらトップコートを塗る
○ネイルグルーを使った後はネイルチップの裏面を消毒用アルコールで拭く
○ウェットティッシュや濡らした柔らかい布で軽く汚れを拭く

等があげられます。
つけ爪を保管する時には、日光に当たらないようにしましょう。
黄ばみや変色の原因になりますから。

接着方法によっては、つけ爪は何度も使えます。
ただ、使い続けていると、劣化していくようですね。
すごくシンプルなネイルアートなら、自分で塗り直したりすることもできます。

複雑なものは汚れを拭く、トップコートを塗るくらいが精一杯でしょうね。
プロがネイルアートを施したネイルチップがありますね。
それは、けっこう良い値段がします。

ネイルチップをつけているときの注意点

○ネイルチップが極力傷つかないように、缶のプルトップは開けない
○髪の毛や服にひっかけない
○手を洗ったりして、ネイルチップを濡らしてしまった時は、充分に乾かす

等、気を配る必要があります。
ですから、うっかりどこかにひっかけて、
ネイルチップが外れた拍子に破損することもあります。

無くすこともありますね。
できれば、スペアを作ってくれるような
ネイルサロンで買うのもいいかもしれません。

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加