スポンサードリンク

ハロウィンの歴史と言い伝え

ハローウィンは、小学校でも英語が学習されるようになり、
その授業の中で外国人教師たちが取り入れているようですね。

ハロウィンの歴史

ハロウィンの歴史について調べてみるとハロウィンの原型というものがありました。
それは、2,000年以上前に行われていたケルト人の宗教行事ですね。

それは、秋の祈りを感謝する収穫祭だったようです。
その際、亡き家族や友人を偲ぶことも行われています。
後にキリスト教にも取り入れられるようになったということですね。

ケルト人の暦では、年の終わりは10月31日です。
その夜には死んだ者の霊が家族のもとを訪ねたり、魔女や精霊が現れると言い伝えられています。
古代ケルトの信仰にもハロウィンはとても関連があります。

11月1日が1年の始まりです。
ドルイド(ケルト人の祭司)によって祭事に使われた火の燃えさしが配られます。
かまどの火をつけて家に悪霊が入らないための魔除けにしていたといいます。

そこから「ジャック・オー・ランタン」へと変わっていったようです。
ケルト人へのキリスト教改宗を推進した601年からハロウィンが現代の形へと移っていきました。
ハロウィンはヨーロッパの各地で行われる地域に根ざした伝統行事からスタートしています。

それ以後、から、キリスト教の行事としても数えられるようになりました。
ハロウィンが今のように賑やかなイベントとなったのは、いつ頃でしょうか。
それは、アメリカにアイルランドからの移民が渡ったことがきっかけだったといいます。

それからアメリカから更に世界中へと広まっていきました。
日本にハロウィンが知られたのは、『E.T.』や
『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』などの映画がありましね。
それらの影響が大きいようですね。

ハロウィンの言い伝え

ハロウィンにまつわる言い伝えやおまじないがありますね。
願いが叶いやすくなるといわれる特別な日でもあります。

○ハロウィン生まれの人は、精霊を見たり、話すことが出来る
○ハロウィンの真夜中にリンゴを食べます。
 振り返らずに鏡をのぞけば、その中には未来の妻の姿が映る
○ハロウィンの夜、女性がT字の形になるように靴を脱ぎます。
 一切しゃべらずに、歌を口ずさみながら後ろ向きでベッドに入ると、夫となる男性の夢を見る

○この日は亡くなった人がよみがえる日だとケルト人が信じている
○ハロウィンの晩に、若い男性が畑の小道に種か灰をまいて歩きます。
 もし若い女性がその後に付いて来るようなら、その女性が将来の花嫁になる
○復活するパワーが強まる日
 この日に行ったおまじないなどは普段の日よりも実現しやすい
 例えば、失恋したけれどまた恋人同士に戻りたい、復活愛を叶えたい方は、
 ハロウィンの日に願い事をしてみては?
○ジャック・オー・ランタンに別れてしまった相手の名前を書きます。
 願いをこめながら火を灯すと愛が復活するというおまじないがある。

以上、ハロウィンにちなんだ言い伝えやおまじないは、まだまだあるようですよ。

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加