スポンサードリンク

健康維持にはどんな食事を食べればいいのですか

健康は人生のメインテーマです。
お金があっても健康でなければ、楽しくありません。
たいていの人は、健康で生まれてきます。

しかし、年齢を重ねるごとに、不健康になることもあります。
その原因は食生活が大きな要因をしめていると考えられます。
健康を維持するためには、食生活を改善していく必要があるのです。

人間の体は、食べた食事からできているといってもいいでしょうね。
食事と健康は深い関係にあります。
日常の生活を行うためには、エネルギーや栄養素を食事からとります。

もし、偏った食事をしていると、栄養バランスが崩れていきます。
そうなると、丈夫な体が作られないことになります。
また、体の各機能が正常でなくなることもあります。

まずは、三食しっかりと食べたいものです。
まずは、良く噛んで食べることでスタートしましょう。
よく噛んで食べることは大事なことです。

よく噛むということは健康に結びつくことでもあります。
噛むことで、消化されやすくなり、体内で必要な栄養素が吸収されやすくなりますね。
よく噛むことは、ダイエットにもつながります。

多くの種類の食品をとることも、健康上プラスになります。
1日約30食品を目標にして、色々な食材を食べることで栄養のバランスをとることができます。
ご飯やパン、麺類などの主食、肉や魚、卵、大豆製品などの主菜、野菜や海藻類、
果物などの副菜をそろえて食べます。

主食の成分は炭水化物ですね。
エネルギーの源となります。
主菜の成分はタンパク質で、髪の毛、皮膚や筋肉等、人の体を構成します。

副菜には、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養が含まれています。
代謝機能や免疫機能を高めてくれます。
便秘予防にもとても効果があります。

食事で注意すること

○日本人の多くはタンパク質や動物性脂肪、塩分の摂取がやや多めである。
○植物油を使用して動物性の脂肪はひかえること。
○塩分を控えめにするなどの工夫が必要。
○満腹になるまで食べたり、寝る直前の食事は控えること。
○糖分・油分・塩分・添加物などが多く含まれている
 市販のジュースやスナック菓子は、極力たべないこと。

このように、健康維持に効果的なバランスのとれた食事をとっていると、健康になります。
それだけでなくく、脳の働きの活性化や美容面、運動面でもいろいろなメリットがあります。

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加