スポンサードリンク

糖尿病と高血圧の関係について

深い関係が糖尿病は高血圧にはあります。
糖尿病患者の半数以上が高血圧であるともいわれています。
なぜ糖尿病だと高血圧になるのでしょうか。

まず、キーワードは血糖値ですね。
血糖値の高さが問題になります。
糖尿病の人は血糖値が高いですね。

そうなると、細胞の浸透圧が高くなります。
細胞の浸透圧が高いと血液量が増えていきます。
結果、血圧が上がってしまいますね。

それで高血圧になっていくのです。
それに、糖尿病の人の多くは「肥満」です。
これも、高血圧になりやすい原因ですね。

肥満の場合、高血圧になる可能性が高いです。
それは、アドレナリンやノルアドレナリンといった
血圧を上昇させるホルモンの分泌が多いからです。

そのため、高血圧になる可能性が高くなるわけです。
あの怖い、動脈硬化は
高血圧になるとなりやすくなります。

とても注意しなければありません。
動脈硬化が怖いのは、心筋梗塞や脳梗塞、狭心症といった、
危険な病気に発展するリスクがたかいからです。

血糖値が高い→糖尿病→高血圧→動脈硬化→心筋梗塞、脳梗塞、狭心症
という流れをしっかりと頭に入れたいものです。
血糖値を高くしない食生活にしていく必要があります。

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加