スポンサードリンク

なぜ眠気は血糖値が下がると、起きるのでしょうか

なぜ眠気は血糖値が下がると、起きるのでしょうか
その理由は、血糖値が下がって、
脳のエネルギーとなる血糖が不足してしまうことがあります。

すると、体は脳を休ませようとしてしまいます。
その結果、眠気が起きてしまうということです。
また、逆に血糖値が上がってしまっても、眠気は起きます。

その理由は、食事をした後は、インスリンが分泌されます。
それで、眠気が起きてしまうのです。
お腹いっぱいになると、眠くなりますね?

それは、インスリンが分泌されるからですね。
では、どうすれば眠気が起きないようにすることができるのでしょうか?
そのためには、血糖値をあまり上げたり下げたりしないようにすることです。

糖分を摂取しすぎると、血糖値が上がりますね。
すると眠くなります。
逆に、糖分を摂らないと、血糖値が下がって眠くなるというわけです。

血糖値の変動を抑えるには、きちんとご飯を三食食べることです。
一気に食べるのはよくありません。
気をつけましょう。

また、間食もよくありません。
そして、食事だけでなく、睡眠をしっかりとりましょう。
睡眠も大事です。

あまりに血糖値が下がりすぎると大変です。
エネルギーが不足し、脳の機能が停止するということもあり得ます。
そうなると生命が危険です。

ですので、規則正しい生活を送りましょう。
血糖値が下がらないように気をつけたいものですね。

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加