スポンサードリンク

LTEとは、どういう意味でしょうか

 

最近流行のLTEと言う言葉を良く聞きます。
LTEとは何でしょうか?
LTEは、Long Term Evolution(長期的進化)を略したものになります。

次世代携帯電話の通信規格のひとつになります。
ソフトバンクのCMでLTEが、一時期、話題になったことがあります。
いま、主流となっている第3世代携帯電話(3G)があります。

個人的には、通信速度についてはこれでも満足ですね。
それよりも通信速度が速いといいます。
繋がらないなどの障害が起きることも多いようです。

LTEは、まだまだ普及している途中です。
しかし、LTEを利用できるエリアも徐々に広がっています。
ほぼ都市部では大丈夫だと思います。

携帯画面に3Gと出ていたり、LTEと表示されていることがあります。
いずれにしても、3Gで通信できているのですから、
あまり問題にはならないでしょうね。

第4世代(4G)への橋渡しという意味で
第3.9世代携帯電話(3.9G)と呼ぶこともあるようです。
4Gとソフトバンクやauは呼んでいますね。

LTEは、携帯キャリア各社(ソフトバンク、au、docomo、
イー・モバイル)がそれぞれサービスを提供していますね。
まだまだ、通信速度には若干の違いがあるようです。

また、エリアや機種によっても、通信速度が変わっています。
通信環境のいい場所でなら、公衆無線LAN以上の通信速度で快適に
ネットを楽しむことができます。

いまのところ、LTEで通信できるはずの場所なのに
3Gになってしまうこともあるようです。
機種によるトラブルなんですね。

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加