スポンサードリンク

放射性物質がなぜ危険なのか

福島の原発の事故以来、放射性物質とか放射能とかの
科学用語を良くきくようになりました。
放射性物質は危険であると、習いましたね。

それは、多くの人が知っていることです。
しかし、放射性物質がなぜ危険なのかは説明できる人は少ないでしょう。

放射能とは
原子核が崩壊して放射線を出す能力の事を放射能といいます。
放射能の単位はベクレルですね。

1ベクレルは1秒間に1個の原子核が崩壊しています。
そして、この放射能を持つ物質が「放射性物質」といいます。
代表的なものにウランやプルトニウムがあります。

それらは、核燃料物質ですね。
放射性物質は極めて不安定です。
その為、一定の確率で原子核崩壊を起こしています。

そこから放射線が放出されます。
α粒子、β粒子、γ線がこの時に放出されていますね。
放射線は危険です。

それは人体がこのような放射線を浴びる事で、DNAの鎖が破壊されたり、
2本の鎖をつなぐ塩基が壊されたりするからです。
これが放射線被曝です。

放射線被曝する事によって起こる人体への悪影響が、
放射線障害ということになります。

放射線障害には、
○数週間後ぐらいまでに出る急性放射線障害
目の水晶体混濁、白血球減少、やけどや内臓などからの出血、痙攣、脱毛、
永久不妊などの障害が現れてきます。

さらに多量の放射線を浴びた場合には、死亡する事もありえます。

○数年、あるいは、数十年後に出る慢性放射線障害

白内障、癌や白血病、胎児の障害、遺伝障害などがあります。
ただ、これは将来発症する可能性が放射線を浴びた人が、高いと言うことです。
何十年後にこれらの症状を発病しても、
放射線との因果関係を証明する事は難しいと言えます。

 

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加